全身ピンクマン、アル・タユに降り立つ(FF11)

FF1120221124001.jpg

自ブログなので割と本音で書いちゃいますが(うっかりこの記事を目にしてしまい、
不快に思われる方もいらっしゃると思うので表現はマイルドにするよう心がけています)

アタッカーに全く興味がないんですね

MMORPGをやり始めた瞬間から全く惹かれなかったというか、元々この世界に降り立った理由は
公式の本に載っていたエルヴァーンのナイトAF姿のイラストがカッコよすぎて私もああなりたーい!と思ったから。
・・・まぁ、ふたを開けてみると最初期は黒魔道士をメインにし後衛職を選んで遊び、
エオルゼアでは白魔道士をメインにして遊んでいましたね。
おまけに今では当初の憧れだった盾ジョブの(ナイトではありませんが)魔導剣士をメインにして楽しんでおります。
黒魔道士は魔法分野の後衛アタッカーじゃんというツッコミはこの際スルーして
自分の思うように生きている中で、アタッカー・・・特に近接的役割のあるダメージディーラーには全くかすりもしないで生きてきました。
私の性に合わないという思いと、何より本当に強い人・上手な人がやるのが1番なんじゃないかな、と感じていたのもあります。

戦闘を終わらせることのできる唯一の方法は、敵のHPを削ぐこと=高いDPSを叩き出し続ける事だと考えています。
常にずっと同じパフォーマンスで力を出し続けるのはとても難しい事だと思うから
アタッカーをできる人はすごいと感じているし、そもそもPT戦闘の花形なのでかっこいいよね。

20221123003.jpg

かっこいいなと思っていても惹かれたり、自分がやりたいと思うロールは支援系・後衛、盾だったわけですが(笑)
“私なんかにアタッカーは無理”だと思ったから後衛や盾をやっているわけではなく
ただ単純に好きなものがそちらだっただけなので特別卑屈なわけではないのですが
それでもやると決めるにはめっちゃ時間がかかりました・・・

あ、今日のトップのスクショはサポくらいでええやろ~と思っていた青魔道士を、
きちんと上げて各種コンテンツに出せるようにする。と決めたので60レベル以上の魔法を覚えにラーニングしている姿を。
このエイ、海中にいるけど近づくとアクティブなんで襲ってくるのですが
水中からの登場シーンが割とかっこよくて好きです。
2枚目は念願の磁界の耳getシーンを撮ってきました~!
「お前が選ばなかったやつはテンゼンとかにあげてくるわー」と言われるとは思わず、ちょっとふふっとなりました。
お、お前だけは特別やぞ!最初に選ばせてやったんだからな!という感じの演出として受け止めておきます。

20221123002.jpg
※ちゃんと考えてやっているソロソーティ。・・・と言っても全然道覚えられなーい!カンペ見てるのにー!
と楽しみながら行く事が出来ていますw


魔導剣士をしっかりやりたいという自分の願いを現実にするためだけに青魔道士を上げるのは
モチベーション的にも大丈夫なのかなぁと不安に感じてはいるのですが
今までと同じ事をしていたら、今までと同じ結果しか生まれないわけで。
何のためにサーバーを移転したのかを考えたら、今こそやるべきなんだなと思えるようになりました。
不安な気持ちは(アタッカー未経験の超初心者の自分がやってもどーなのよ?大丈夫なの~?等)
やおきんにじっくり聞いてもらい沢山のアドバイスを受けたので大丈夫('Д')b
23日は久しぶりにまとまった時間、お話が出来てよかったわ。

20221123001.jpg

いつもは逃げられてるからね^^

私の近くには何か困った事があると相談できる人が沢山いるので、
もうちょっと自信もってやるべきなんだな~と今更なのですが感じております。
そして人のアドバイスはきちんと素直に受け入れる事、ですね!w
オンゲをやって、戦闘に関する事をしていきたいと考えているのにあまり効率とか考えた事がなく・・・
というか本音を言うと、効率って言葉に拒否反応がすこーしありますw
遊び方の違いなだけなので、効率を否定する気持ちは全くありません。
むしろ効率的にエレガントに色々な事をこなす人がうらやましいです。器用な人が多いですよね!
私はゲームの世界に関しては・・・効率よりも面白さ、気持ちよさ、ワクワク・・・誰とどんな思いを共有したいか。
そういう事を優先しています。
もちろん遊びの中で効率的に進めるという目標が楽しい!という方も沢山いるのはわかっています。
同じ遊びをしていても、人それぞれ「面白い」「楽しい」と感じる内容が違っていて当たり前だと思ってます。

自分と違う遊び方をしている人を“自分とは違うなぁ”と素直に思いますが、その人を敬遠する事はないです。
同じ遊びをしているのに、自分の視点では見る事の出来ない楽しみを持っている方の話は面白いからです。
例えると物語を見ているみたいな・・・私が選ばなかった世界線の、別主人公の話をなぞってる感じでしょうか。
・・・例え方下手くそマンすぎるなぁ。 語彙力つけたい(/ω\)

私のウィークポイント(ずっと身近な人たちに言われてきた事でしたがw)アタッカーができない。
今こそこれに立ち向かう時なんだなーと。散々逃げまくってたけどwww
いやまぁ、ゲームだし興味ない事やりたくないじゃないですかーw 良くも悪くも嫌な事はやらないってきっぱりしてるんですよねぇ・・・
ただ、環境を変えてまで(強くなりたいと願って)Asuraから飛び出て来た自分がこんな事も
(青魔道士を上げる事は私にとっては些事ではなく大きなことですけど)やれないわけなくなくない?
と負けん気が出て来たのも事実なのです('Д')

ていうかソロソーティ魔導剣士で行ってるって言うとなんかみんな微妙な雰囲気になるのですが(苦笑
上手くやるにはDDで行く方がいいよ~と言われつつ、アタッカーなんてやってないし出せないしで
魔導剣士で行くしかないんだよなーと思っていました。(そもそも魔導剣士が好きなので他で行きたいという選択肢がなかったw)
先日(上のソーティ内で撮ったスクショの日でした)ソロソーティ中、デバイス付近でコースと戦ってたら魅了食らったんですね。
フェイスは消滅、自分はパッパラパー。ラミアなら魅了食らってもなんとなく許せるけどコース!お前!
そんな見た目でメロメロになるわけねぇだろ・・・アインズ様~♡♡・・・みたいな自キャラをただ見つめるしかない数十秒間でした。
コースの後ろ練り歩きつつ秒で思ったのが

青魔道士99まであげよう、そうしよう

でした。
人間痛い思いしないとわからないからね。だからもうサポレベルでいいわーwとか舐めた事言わないで
今は元気にレベル上げしてます^^v きょ、きょうじゅうに99にするぞー
スポンサーサイト