普段はここまで書かないけど(FF14)

ffxiv_20240117_113832_506.jpg

※テンパの自覚がある人は今回の記事はお読みにならない方がいいかもです。あとできれば最新までミッション進めている状態でお読みになる方がいいかも。

ffxiv_20240117_121119_266.jpg

VUがやってきて暁月分の事件屋が完結しました。
マンダヴィルウェポン(武器の1つで、現時点で最新で最強の武器)を作る際必須になっている事件屋。
旧版から続くものの1つで、新生当時レガシーの先輩方が事件屋が続いてくれたと喜んでいたのをなんとなくですが覚えています。
新生→蒼天→紅蓮→漆黒では休止→暁月まで続いているシナリオの1つですが、回を重ねるごとに最初の事件屋の雰囲気からかけ離れたシナリオになっていて正直「?」でした。あくまでも個人的意見です。
ネタバレを防ぐ程度に書いていくと、途中でキャラの設定が変わったよね?いや、事件屋のキャラ達を知らない人がシナリオを書いているよね?と感じてしまい
「旧版からの設定だしライターさんがもう部署が変わったか退社したか知らないし、色々あるのは理解できるけどもう少し引き継ぎとかしっかりしてくれよ」と思ってしまった。ごめんね。
というかこれを事件屋でやる必要性がなさすぎる。このノリでやりたいのなら、新たなシナリオとして新規造形で作ればよかったのではないかと思います。蒼天の時ありましたよね、何とか学園ってやつ。ああいうのでよかったのでわ?

ffxiv_20240117_113803_090.jpg

暁月分の事件屋は終了しましたが、全体を通して「思てたんと違う」という気持ちにさせられるものでした。シナリオは好き好きあるけど、私は元の雰囲気の事件屋が好きなのでこの話はあまり面白くなかったです。
事件屋ではない別キャラでやっていたらここまで思わなかったかもしれないですね。本編が宇宙へ行っている以上どんな宇宙人が出てきてもしょうがないとは思うけど
世界観にそぐわないと感じる事が後半へ行けば行くほど多かったです。
紅蓮から漆黒へいく時の事件屋は、導線で漆黒がすでに別の世界線の物語だと進んでいたので事件屋の終わり方も「漆黒でもヒルディ達活躍するんだろうな」と思わせてくれる感じでした。
でも結果は休止していましたよね。今回の事件屋の終わり方も おしまい? みたいなテロップがいつも通り出ていましたが
このノリで黄金のレガシーでもやるのなら正直やめた方がいいと思う。黄金期間は休止して下さって構わないですw
というかお寒いノリがしつこすぎるのが原因だと思うすべて。もう少し控えてくれて忘れた頃にポン!とお笑いが出てくるのならまだ我慢できていたかも。本当にしつこくて…

あと最大のミスは、ただの旧からの1シナリオだった事件屋を武器強化コンテンツと合体させた事。これに尽きますね。
私は事件屋が好きだったので最初から漏れなくやっていましたが、やっていない方も周りにはちらほらいました。
ただの物語だった時は正直好き好きあるからやってなくてもなんともって感じでしたが、今後はそれが許されなくなります。
マンポンのグラに一目ぼれし、「欲しいな!やってみたい」と思う人は1から事件屋を全部やらなくてはいけないのです。
あまりにも長すぎるので冒険録みたいなのを作ってあげた方がいいと思う。マンポン作りたい人用に。
(ただその、肝心のマンポン。最終形態のグラフィックが今までよりかなり微妙なので気合いの入った他の武器群と比べた時、作りたいと願う人はいるかわからない。)
私は早速学本を作りましたがその場でエピオラトリーにミラプリしました。ありがとうございました。

色々言ってますが、シナリオがお粗末だった事を除けば他はあまり気にならなかったかな。
いつもの武器強化コンテンツのハゲとの絡みは、武器と言えばハゲなのできちんと受け継がれているのは嬉しい。
あと最後に。
コロナ禍のせいもあって止まっていたであろうリアルイベントや企業とのコラボ案件がこの時期に沢山出てくるのは理解できる。
FF14の1ファンとしてイベントは好きですし可能であるなら参加してみたいとも思うくらいには好きです。
だからこそ言うのだけど、肝心のゲームがこの内容だと正直言って「もっとやる事あるんじゃない?」と感じてしまいます。
今回メインシナリオは黄金のレガシーへの導入部分が描かれていましたが、急に突然ドラゴンボールの孫悟空みたいな空気を醸し出している知らねーキャラが特に大きな絡みがあったわけでもない人間のツテでポンっと出てきて
「お前の噂は聞いている。俺を助けてくれ」みたいなこと言ってきますからねw私その瞬間「あれ?これメインシナリオだったよね?」て思わず首を傾げちゃったw
お前のじつりき(笑)見せてくれ!って既存のIDに放り込まれて巨大コリブリがイヤラシイイヤラシイ!って言い始めた時にはもう失笑するしかなかったです。
黄色ネームは誰のものでもないからね。意味わからない人の為に元ネタ貼っておくね→我々のコリブリ
いやまぁスクエニの文化遺産になっているので擦ってもらって全然いいのよ。

そして煽りではなく真面目に心配になったの。シナリオライターさんちゃんと休めてる?大丈夫?無理してない?
私はこのゲームを遊んで課金しているだけの分際ではありますが、この流れで黄金のレガシーが楽しそうかと言われると
ごめんやけどちょっと今は無理かもしれない!w もうちょっと書き方あったんじゃ…って素で思っちゃったよ。
なんというか冒険者だから新しい土地へ行くのが全員が全員好きってわけじゃないと思う。
黄金郷はすげぇぞと言われても「うーん別にいいかな」って人もいれば、見ず知らずの人間から「俺が王につくために力を貸してくれ!」と言われて“ふーんおもしれー女”って思える人もいればそうではない人もいるよね。
だから選択肢にできれば ちょっと今は休みたいからそういうのはいいかな という欄を作ってほしかったな。
私は政治に巻き込まれるのは嫌だって選択肢選んだけど、グラハから返ってきた言葉が予想より斜め上でびびったからねw
「まぁそうだよね、気が向いたら来なよ!」でここから先は選択肢の〇〇を選んだら進める事が出来ますでよくね?ってマジで思った!w

魅力的そうなワードをシナリオの中でキャラたちが繰り出しているのに、なんだかノれない中の人って感じで申し訳なく思う。
ワクワクドキドキがレベル制限引き上げ、新たなレイドコンテンツ、24人アライアンスレイドの11コラボってだけで今の所シナリオにそういうのを全く感じないのが心配です。
願わくばこの戯言が杞憂に終わって、新拡張がスタートした時「めちゃめちゃ良かった面白かった!面白くなさそうなんて言ってごめんね。お詫びに課金するわ」と謝る世界線へ行けますように。
スポンサーサイト