占星術師で行く

ffxiv_20160319_130003.jpg

初めての極ガルーダ!






少し話は変わるのですが、
学者のレベルを60にしてから、一気に50以降のジョブクエを開始しました。
お話としては、脅威が迫ってきているのでなんとかして乗り切ろう!という定番の内容ですので
安心して見る事が出来ます(謎 おそらくどのジョブクエも似たようなものなのかなー?と思いますが・・・

ffxiv_20160317_235329.jpg

ジョブクエはそんなに難しい内容ではないのが救い。
60になって受注する事の出来るクエストでの報酬、新しいアビリティ 転化 ですが、
FF11でいう竜剣みたいなものですね!これには少し笑ってしまった。
リリィベルがメインヒーラーだから、食べるわけにはいかないしなぁ・・・wと思っていますが、
唯一これを使えと言われて使う状態の事を妄想してみたのですが、
妖精の使えるアビ全部使い切った状態でリキャスト明けるのを待つときとか、かな?
死にかけてる時とか?色々考えたけどよくわからない。
転化した瞬間にエーテルフロー3スタックも付与するので、私自身のエーテルフローがない状態とか
もう次に打つ手がないっていう時に起死回生のアビリティとして・・・・は

なさそうだなぁw

自暴自棄になってムシャムシャするのはアリ?エーテルフロー欲しさにムシャるのもなんか違うしで
60アビって難しいですね! 占星術や白魔道士には何があるのか今から楽しみですが~

ffxiv_20160318_002857.jpg

こんな敵でしたが、私とリリィベルと海援隊の前ではよわよわよ~(*'ω'*)

ffxiv_20160318_003109.jpg

転化、実戦で使う日が来るのか謎ですがフィールドではもう何度も面白半分で使ってます(ぉい
やっぱり早く、メインシナリオ進めていきたくなりますねぇ・・・・
60になった時にそのスキルを使えるIDに早く行きたいのです。ナイトさん今日ログインしてくれるとのことなので我慢我慢。

あと全く違う話をするのですが、上のスクショを見ていただけるとわかるのですが
なんかこのショートパンツの股座の処理にめちゃくちゃ違和感を感じてしまっています(爆
色が悪いのかなんかもっこりしてて・・・・女なんですけど・・・・パンツ二重にはいてて、モサモサしてる感じが唯一気に入らないところです。




脱線しましたが、そんなこんなで学者のジョブアビリティもきちんと習得できたので
次やりたかったことが メインシナリオ進める事 だったんだけど、人待ちなので別のやりたいこと!が
たくさんあるのでそっちからやろうと思い立ちました。
その、そっち、が



ffxiv_20160319_132716.jpg

50になった占星術師で行ける極を回る事。です。要はあれですよ、動きの練習デスネ。
昨日LSで開催されていた、クリスタルタワーin闇の世界では動きを練習したいので占星術師で参戦したのですが

ほんとひどい動きだった私の占い師(白目

カードを引くの忘れて回復に夢中になるし、カードの運用を考えている間にヒール薄くなるし
なんていうか、難しいジョブですねぇ・・・まだまだヒヨコ占星術師で慣れてないから。というのを差し引いても
さすがエクストラジョブ。玄人寄りのジョブ設定なんでしょうね~ 実戦積んで慣れていくしかないです。頑張ろう!

という事で、手軽に行ける極ちゃんに行こうと思って、適当にチェックボックスを入れてシャキ待ちをしていました。

ffxiv_20160319_130614.jpg

極シヴァはクリアしていないのでアルテマ以降ラムウまでの極に参加してみました。
極シヴァ、当時クリア者さん初見さん含めての練習PTをお友達が何回も開催してくれて
参加したのですが、そこでちょっと嫌な事があって以降、遠ざかっていました。
もう1年以上前の話になるし別に気にしていないんだけど、真シヴァとか当たるとあの頃の事がうっすら蘇るお・・・・

よくバハを主催していた身分として、どうしてもって時にBLを利用する事はあったのですが
それ以外でBLを利用した初めての出来事だったので、覚えているのかもしれませんね!


また脱線してますが、話を戻すと極連戦したよ!という事なので・・・・

ffxiv_20160319_130815.jpg
ffxiv_20160319_132355.jpg

凄い名前の技あるんですね・・・・血祭とかwww
って良く調べてみたらこれLB3なんですねん! ほわー 確かにエフェクト凄いわぁ
蒼天になってからLB一度も使用した事ないな~今度使ってみようかな!(ヒーラーが使う時ってそれ本当にヤバイときなんだけど><

ffxiv_20160319_140205.jpg

極タイタンも行けましたが即終わった。みんなプロいので助かってます。
・・・・じゃ、だめなんだけど練習だから!!

ffxiv_20160319_174812.jpg

合間の時間にギャザクラでもやるか~60まで上げたいしね。あと金策したいし!と思ってやりつつ

この後極の方はイフリートに行けてクリアできて、ラムウは全然ダメでした。初見殺しですよねぇ・・・・ジジイ;遊びすぎ!
私占星術師は、練習気分と言えども、1回以上はクリアしているのである程度試合運びは理解しつつあとは緊張してやっていくだけなのですが
本当の初見さんだと、ラムウだけは厳しいのかもしれないなーってやっていて思いました。
ラムウで「初見です!よろしくお願いします!」と宣言した人が何度目かのリスタートの時に居た堪れなくなってか
無言で抜けていくのを2回くらい見ていて、ベテランさんとおぼしき人も数回のリスタートで即抜けする光景を
なぜかラムウでよく見かけました。ギミック満載だから、本当に難しいですよね。気持ちはわかる。
どっちの気持ちも理解できるので、CFはどっち側の人もいると理解して行くようにしています。
初見は募集掲示板使っていけよ!というベテラン冒険者の気持ちもわかるし
コンテンツファインダーという代物は、もう旬の過ぎたコンテンツを少人数でも、ソロでも楽しめるために作られていると考えれば
初見さんが「どんなところかわからんし行くだけ行ってみるか」と思って物見遊山で来たとしても責められません。
どうしても募集はゴールデンタイムに限られてしまうし、それ以外で活動している人には掲示板はなかなか使い辛いでしょうし・・・・

ジャーナル整理しに来ました^^

と仰った初見さんいましたが、整理できずに帰って行くのを「めげずに来いよ」と思って見つめる事しかできない自分でした。

自分のいるサーバーの人だったら、募集立ててくれれば時間のある時参戦するし(慣れてない人だと敷居高いけどね・・・)
ロドストを見ると、出遅れた人、今から旬を過ぎたコンテンツをやる人用のLSとか募集をかけている事があるので
そういうのに参加してもいいかもしれないですね。結局は人と人とのつながりがあっての、オンラインゲームだし。

自分の、いわゆるマイルールとしては 旬が過ぎているものに関しては、初見未予習でCFは使わない って決めているところがあります。
CFでは、やはりできて当たり前って、クリアしている人が来るものって考えの人もいるし、時間を拘束させる事に申し訳なさを感じてしまうから。
どんな目的で来ているかわからない以上(馬とか、譜面とか、色々ありますよね)付き合わせるのに申し訳なく感じてしまうから。

なのでこの前の真ラーヴァナは、ルーレットの仕様を理解していなかったのでいきなり放り込まれて
しかも50以上の蛮神だったからか、なんかちょっと真でも強く感じてしまって。慌てふためいて大変でした(笑)

募集掲示板を使って人が集まらなくってどうしようもない場合は、お友達に頭を下げます。一緒に来てもらえないか聞いちゃいますね。
それで8人フルパなら問題ないですが、そうじゃなかったら。この時点でガッツリ予習しちゃうかな。
んで日を改めたりしてみて、それでも人が集まらなかったらCF使いますね。そのかわりクッソ予習しまくる。
・・・・動けない事の方が多いんですがw 気を付ける点だけがっつし頭に入れる!

とここまで書いていて、極で↑みたいな事したことないなぁw あ、ラムウがそうだったかもしれない。
いやラムウも練習パーティ何回も開いて、あと少しでクリアできるって所まで動けるようになってから、CFで行ってそのままクリアした記憶がありますよ!
そういう使い方をしたことがある(未クリアなのにCFを利用した事がある)立場としては、人がクリア目的で来ていたとしても文句は言えないですね。
ある程度の練度を重ねた上で来てくれると、おそらくクリア者さんも ちっしょうがねぇな と思いつつも付き合ってくれる・・・かも?
クリア者さんのおかげで自分もクリアしたと思えば、ありがとうございますの気持ちしか、出てこないですしね。

ちょっと横着な使い方で申し訳なくも感じますが。にっちもさっちもいかなくなって光の先輩戦士に救済をお願いしたい時は
できるだけの練習、予習はして行きたいって思います。
募集掲示板だと 誰でも参加おk 躓きながら覚えよー!ジジイを安らかに眠らせに行こう! とか書きたい放題でしたがっwww懐かしいな

結構早々に極行かなくなっちゃったので(自分の極のピークはリヴァイアサンでした。)極で募集立てた事本当に少ないのですが
(鏡欲しさにリヴァはグリパ立てまくった記憶はありますw)
今はまだ蒼天のメインシナリオを進めている最中で、60でできるコンテンツはまだ解放できていない。
これからはまた募集掲示板をちょこちょこ利用してやっていくことになると思いますが
まだ見ぬ同じ光の戦士さんとの出会いを楽しみにして、これから先も進めていけたらいいなって思っています。
スポンサーサイト