エクセリーナはエピオラトリーの夢を見る#5 「デートに誘われても、着ていく服がまったくないんです」

FF11201705132016.jpg

(※お知らせ※ 5/30にアップしたものを大幅に加筆訂正し、6/16 再掲いたしました。)



エピオラトリーを手に入れる為に、私がやらなくてはいけない事。
今までその事を、ひたすら書き連ねてきました。
欲しいと思ったエピオラトリー。
そもそもエピオラトリーってなんだろう?私がエピオラトリーを無事背負う事ができるまで・・・
それまでに私がやらなくてはいけない事って、理解しておいた方がいい事ってなんだろう?
自分なりに考えて、半分くらい覚え書きのように書いてきました。

やらなくてはいけない事っていうのは、当たり前ですが明確です。
試練があってアイテム納品があって、そのアイテムを得るために多人数で挑む戦闘がある・・・
これを行わないと自キャラがエピオラトリーを装備できない事ですねっ。

そして、理解しておいた方がいい事。これがとても難しい事だと最近思うようになりました。
私は勤勉でもなければ、まじめでもありません。なので本来なら、ヴァナ・ディールに戻ってきて
目標だったすべての拡張シナリオ・・・ミッションを終わらせ、エピオラトリーを作ってみたいと漠然と思うようになる前から、
もっときちんと装備の事を、コンテンツの事を、戦闘の事を考えていたらおそらく
今のようなすべて1からやらなくてはならない状態ではなかったと思います。
少しずつ遊んでいく中で、ちょっとでもコンテンツに【興味があります。】だったら。
エピオラトリー入手の近道になっていたかもしれないですね。

でも・・・やっぱり、今決めた事だからよかったんじゃないのかな。
そして、全て1からやらなくてはいけない今が本当に楽しい。

そりゃたまに「えーっ」て思ったり、「まじでーっ」て思ったり、意気消沈したりはするけど(笑)
それでもやっぱり今がいい。そう感じています。

実は私は、身近な人にエピオラトリーを作る為に頑張っている事を言っていません。
しかし魔導剣士がメインジョブという事がわかっている方から、エピオラトリーの話題が何かの拍子に出てきて
「作ってみたら?」と振られることがあっても、ふわっとスルーしています。
いつかは打ち明けたいと思っていますが、まだ先かな・・・って思っていますね。

あ、でも唯一ご存知の方がいました!最近お友達になったNAのフレンドさんですねっw
非公開にせざるを得なくなったあの、フレンドさんです・・・(/ω\)
たぶん文字で書く分には許されると思うので少しだけ書くと、あることが原因で少し困った状況に陥ってしまい、
誠心誠意相手に私がどうやってヴァナ・ディールで遊んでいるかを伝えなくてはいけない状況になったんですね。
英語を知らない私は、6時間かけて英文を完成させFF11内のメッセージで伝えました。
送った瞬間わかったよーってだけの短文レスが着た瞬間、「ちょっと私の6時間wwww」とリアルで白目でしたが(謎
彼は後日、一緒に遊んでいたFF14内で「エピオラトリーの進捗はどうなの?」と、聞いてくれました。
私はとても驚いて、何度もチャットを見直しましたが、そこにエピオラトリーを示す英単語と、進捗の意味がある英単語が並んでいたので
私が送ったメールは、ちゃんと意味が伝わっていたんだと非常に嬉しかったですw 
だって私には夢があるって、タイトルで英文送りましたからね・・・w 彼には「まだ全く進んでいないよ」と伝えると、
ワークスはもう終わらせているの?今だと金策なら、これがいいかも・・・(とても具体的に数字まで入れて示してくれました)etc
よくそんな十数秒でアルファベットでチャットできるなぁと思う早さでチャットしてくれました。(母国語ェ
普段は私が読めないので、長文で話をするような人ではありません。でもきっと、伝えたくていっぱい書いてくれたんでしょうね。
分からない部分の意味を伺いつつ、詳しく書いてあるサイトを教えてくださったので見たら、普通に英語のHPなのでわかるわけなかったという(白目
それでも、エピオラトリーの先輩が「それはここでクエストを受注してくればいいんだよ」とか、あれはあーでこれはこーでと
色々教えてくれている最中、なんだかとても気恥ずかしくなったのですが、純粋にとても嬉しかったです。

誰かがやさしくしてくれた、誰かが自分の為に時間を割いてくれた。
そのお礼は言葉ではもちろん伝えるし、伝えたけれど。
でもやっぱり、今私が頑張って少しでも目標に近づく事で本当のお礼ができるんじゃないかな。そう思います。
だから、今を精一杯頑張りたいって強く思います。




さて、前回のエントリーの続きを書いていこうと思います!


瞬間生着替え。

前回のエントリーの最後に、ヴァナ・ディールに存在する膨大な装備は、たとえ優れた性能を持っていても
耳装備と指装備以外は一か所しか身に着ける事ができないから、複数持ってても無駄になるん?
というような事を書いていたと思います。そしてそれを打ち消す形で話を終わらせていましたね(笑)

ここでいきなりですが少し他ゲーの話をしたいと思います。
・・・と言っても、私自身色々なゲームに手を出しているヘヴィなゲーマーではないので、
プレイしたことがあり、FF11の戦闘の仕組みや装備の事で比較になりそうなゲームと考えると・・・・14しかないな。
とナチュラルに思ったので、14の装備についての話を少し書きますね。

FF11201705250928.jpg

14での自キャラ・Lucille。
エオルゼアの世界では、単純に装備できる部位が13か所あります。ちなみにヴァナ・ディールでは16か所あります。
(耳装備1か所と背装備分、遠隔武器と投てき枠で違うみたいですね。ジョブによっては装備できる部分と
できない部分があったりするので、厳密に言うと違うんだけど)
まず11と14の共通点はアイテムレベル制を導入しているところ。Lucilleのキャラの右上に270という数字が見えると思いますが、
これが現時点での私の平均アイテムレベルという事になります。キャラクター自体のレベルは(これは白魔道士なので)60。
FF11では、最高レベルが99。そしてアイテムレベルが119となります。
これだけを見ていると、11も14も似たような感じ?と思われるかもしれませんが、行きつく先が全く違います。

FF11201706090822.jpg
※軽く私見が入っていますw

FF14だと、アイテムレベルが高いものが純粋に性能の良い装備。という事になります。
FF11でも同じじゃろが!と言われてしまうとその通りっ!なのですが、
FF11では2013年に導入されて以降、最初こそ100程度からスタートで現状119が最高値ですが、今も色々な新規コンテンツが実装されていても、アイテムレベルは据え置かれ更新されていません。
にも関わらず、同じアイテムレベルなのに強い、弱い、使える、使えないの差が明確にあります。
一方FF14は、アイテムレベルが同じものであれば、ステータスの振られ方は違えど数値は同じなので、
白魔道士にはこっちがいいかも?学者にはこっちがいいね!という、向き不向きはありますが
強さは同じ、という認識でほぼ間違いないです。

FF11201706091724.jpg

アレキサンダーの方は、取得難易度がとても高いです。(11でいうエンドコンテンツクリア・周回が必要)
欲しいと思ったら頑張って通わなくてはいけないのは、ヴァナでもエオでも同じ、という事ですね!
あと補足ですが、緑の穴が開いた〇。ここにはマテリアをはめる事が出来ます。(11風に言うとオグメかな)
エオルゼアではIL270のヒーラー専用胴装備は上の2種類しか存在しないので、廃人もライトも漏れなくたどりつく先は
この2つの装備という事になります。(6/20までは、ですがw)
唯一このマテリアの穴にマテリアをはめる部分が、個性を出せるところになるので
私は自分のマテリアと道行く人のマテリアを見比べて「この人はレイド行っていた人なのかな」「私と同じだな~」etc
想像するのが好きでした。(実は250装備で、禁断と言う非常に大変な合成みたいな事をするとまた強さも変わるのですがここで語るべき内容ではないので割愛します。)

そしてFF11にAFがあるように、FF14にもAFが存在します。ちょっと見てみましょうか!

ffxiv_20170525_100809.jpg

白魔道士AF1に該当するもの。新生開始直後の装備ですので、アイテムレベルも低い。

ffxiv_20170525_100743.jpg

そしてお次はAF2。蒼天のイシュガルドが出た時に実装されたAF。
私はこの頃ヴァナ・ディール在住だった為、旬を逃してから手に入れているのでウェザードのままです。
ここからは強化できるようになった。

続いてAF3の紹介をしたいところですが、こちらなんと、今夏満を持して発売される拡張パック・紅蓮の解放者にて実装されます。
ので、比較できません。

つらつらと書いてきましたが、で、結局何がいいたいん?と言われますと、

FF14の装備にはステータスが上がるものはついているけど、ジョブ固有の何かの特性が上がるものは
全くついていないので、戦闘中は常にILが高い装備を身に着ける事が強くなれる条件になります。
AFは強化もできますが、次のパッチでILが上がれば最新・最強のものではなくなり、二番手となります。

しかしFF11、ヴァナ・ディールはそうではないんですね。
AFと言えば特別なもの、ジョブ固有の性能が上がる特殊なプロパティがふんだんについています。
そして少し大げさに書きますが、ヴァナ・ディールではAFは強化することができ、しかも今でも第一線で活躍させることができます。(全てがそうだとは限りませんが

これって、本当に凄い事だと私は思うんです。
特に長い歴史のあるヴァナ・ディールでは、結構初期にAFを手に入れられた方も多いと思います。
それぞれのAF(3種類)は取得の方法が全てバラバラで、特にレベル40くらいから始まる連続クエストをこなし、
箱開けなども絡んでくるAF1、一番初めのアーティファクトには思い入れの強い方もいらっしゃるのではないでしょうか?
きっとソロで取得するには難しくて、LSの先輩にお手伝いしてもらったりフレンドさんに助けてもらったり、
そして強くなった自分が逆にお手伝いしたり・・・そんな思い出を持っている方も多いと思います。

それが今も現役で使用できる(部位もある)。

色々な思い出の中で取得した大切な装備が、今も自分の冒険のお供にできるなんて、ちょっと嬉しくないですか・・・?
私は復帰した時、ちゃんと手をかければ(強化すれば)今もなお使用できると知ってとても驚きました。
新規の装備が追加できないというオトナな事情もあるかもしれないけども(笑)
それでも、やっぱりこういうシステムはいいなって感じました。

前回のエントリーの中で、魔導剣士のAF(アーティファクト)は3種類あって、どれも素晴らしい性能・特徴を持ち、
魔導剣士のアビリティを使用する際、そのアビリティの効果が上がる部位を身に着けていると、
その特徴を発揮することができる。
という事を書きました。

これが、FF11の特徴的な装備の使い方……戦闘である、着替えに結びついていきます。

着替えとは?
凄く簡単に言うと、戦闘中に着替えるんですね。文字通り、戦闘中に、です。
先ほど例に挙げたFF14では、戦闘中に着替える事はありません。
常によいIL装備、そのジョブに適したステータスの装備を身に着け、ボスだと1戦何分だろ?10分?それくらい戦い続けます。
しかしFF11では、例えば私の好きな魔導剣士。AF1・胴装備の性能に

ルーニストコート (AF1) IL119
防104 HP+108 MP+36 STR+15 DEX+18
VIT+15 AGI+17 INT+14 MND+14 CHR+14
全耐性+30 回避+23 魔回避+43 魔防+3 ヘイスト+4%
リフレシュ
ヴァレション/ヴァリエンス効果アップ

太く書きましたが ヴァレション/ヴァリエンス効果アップ というものがついています。
このヴァレション/ヴァリエンスというのは属性ダメージを軽減する魔導剣士専用のアビリティです。
ヴァレションは自分のみ。ヴァリエンスはそれが範囲内のパーティメンバーにも及ぶ優れたアビリティです。

属性ダメージを軽減・・・?イミワカンナーイという人に説明するならば、魔導剣士はルーンという力を扱う事ができ、
火のルーン・イグニスを使うと、火のパワーをその身にまとう事が出来ます。
ヴァナ・ディールの世界には属性がありますので、というかリアルにも通じますが火って、どういう特徴があるかと言えば・・・
水をかけると消えちゃって、氷にかざすと氷を溶かすことができません、か・・・?
水には弱いんだけど、氷には強い!そんな感じかなぁ。火のルーン・イグニスにはそういう特徴があるんですね。
そんなイグニスを宿した魔導剣士が、ヴァレション/ヴァリエンスを発動させる事で属性に対し、更に強い強化を得る事ができる。
そしてヴァレションとヴァリエンスを交互にかけ続ける事によって、常時その恩恵を受け続ける事が出来ます('Д')! ずっと氷に強いヴぁーん!
そしてこのルーニストアタイアの ヴァレション/ヴァリエンス効果アップ というのは、効果時間15秒延長なんですね。
通常だと2分で効果が切れるヴァレションが2分15秒で効果が切れるようになる。
ルーニストコートのおかげで、15秒間の余裕が生まれると考えて差し支えないかと思います。

・・・しかし魔導剣士のAF胴には、こういったものも存在します。

フサルクコート (AF2) IL119
防105 HP+68 MP+76 STR+15 DEX+18
VIT+15 AGI+17 INT+14 MND+14 CHR+14
回避+23 魔回避+43 魔防+3 ヘイスト+4%
リエモン効果時間+2 リジェネ+2 被ダメージ-6%
E.スフォルツォ効果アップ


普通にルーニスト胴と見比べても防御力は少し上がってるし、何より被ダメマイナスというものがついています。
実はこれが、盾役を担う魔導剣士として最も重視しなければいけないプロパティです。
今も街中でこの装備を身に着けていらっしゃる魔導剣士さんは多く、たぶん最終装備の1つとして考えてもいいものだと思います。
この被ダメージがマイナスになる装備はヴァナ・ディールに数多く存在しますが、未強化の状態で-6%。
強化をすると-7%になるフサルクコート+1は、他の装備にないレベルで破格の数字です。
(なので、パーティで盾役として動く魔導剣士には必携と言っても過言ではないのです。)

と、いうことは・・・盾役としての魔導剣士を今後やっていかなくてはならない私が、まず手に入れなくてはいけない装備。

今はルーニストコート+1だけど、フサルクコート+1を手に入れたら、通常はフサルクコート+1を装備し、
ヴァレション/ヴァリエンスのアビリティを使用する時だけ、ルーニストコート+1にする。という着替えが発生する・・・


全くヴァナ・ディールの戦闘に関して知らない人が読んでいたら、どうやってやるの?という疑問が生まれると思うのでちょこっとだけ書きますね!
さっきからずっと言ってる着替えですが、難しくありません。マクロを組んでおけば1回で終了します。
FF11201705280224.jpg

赤いかっこ内のものが、私が組んでいるマクロ。
これをやっていないと、全ての行動を手動で行わなくてはならず非常に煩雑になります。
(あえて手動でやる場合もあるので、全ての行動をマクロで行うわけではないです)

FF11201705280233.jpg

本当に最低限ですが、私のマクロ。手動だと何回も押して選択しなければいけない内容も、

FF1120170528032351212.jpg

こんなことを指示しておくと、マクロボタンポチッと押すだけでフラッシュという魔法が使えます。とても便利。
これは本当に単純なマクロですがっw

FF112017052280326112.jpg

自分にしか見えない文章で表示と指示してあるマクロ。(後半の文章が、自分にしか見えないようログに流れる)
最初アビリティの仕様が分からなくって、押すたびに説明が出てくるようにしていました。
さすがに私も、押すたびに何回も見てるからこれは覚えたのでもう消しましたw

私はどの部位に対しても着替え装備というものを所持してませんので(これ以上強い装備を持っていない。
そのシチュエーションに合った最適な装備を持っていない)
申し訳ないですが着替えているマクロは手元になく載せられません。
(↑の例えで言うと、ルーニストコートはもってるけど、フサルクコートはもっていないので着替えないまま戦闘しているって事ですね、どんなときも。)
でも、ヴァレション発動時に胴装備を切り替えるよう指示を出せばいいだけなので、たぶん難しくないと思われる。
やり方すっかり忘れたけど!

しかし、驚愕の事実として・・・
この、アビリティ(魔法・WS)の発動前(もしくは後)に性能を上げる装備を瞬時に着るFF11の戦闘の真骨頂である着替えを一切しないまま、2年の歳月が流れたことになります。

今凄くドン引きした方もいらっしゃると思いますが・・・

じゃあ結局どういう事なのよ?というと、ものすごーく簡単に言うと私は弱い、という事になります(笑)
自分の性能を底上げし、最も効果的な状態でアビリティ・技・魔法を繰り出すことのできない私と、
そういうのをきちんと調べ、謙虚にひたむきにコンテンツに参加しコツコツ装備を集めてきた方たちに比べ
くそ弱い。もうめっちゃ弱い。目も当てられないほど弱い。
という事になります。
曲がりなりにもエピオラトリーを欲しているのに、こんな体たらくでいいわけがない。

そしてもう1つ、関連する事になるのですが、ヴァナ・ディールでの戦いの特徴が『連携』です。
着替え装備を充実させ、適正な時に適正なアビを使用し、それぞれ必要な部分をブーストして繰り出す魔法やウェポンスキル。
それに連携が成功した時のダメージが加算される。
FF11の戦闘を楽しみたいと思うのであれば、知っておいて損はない。
いえ、今後パーティで、野良でコンテンツを募集し主催してやっていくと決めているならば知らないと非常にまずい・・・
ちなみに現時点での私の連携の知識は、
「前衛が撃ったWSに誰かが撃ったWSで技連携が発生して、後衛が魔法唱えて着弾すればマジックバースト」
という、2007年代の化石した知識です(爆

基本はこれで、今も昔も変わりないと思いますが、当たり前ですがこんな単純なものだけではない。
ていうか時代は2017年、あの頃よりも色々と進化している事に、調べていくうちに気づいたしヴァナ・ディール内でも
教えてもらい、気づきました。

ずっと前からのエントリーで、どうしてこの連携の話を自ら投げたくせに書き上げる事が出来なかったのか?というと、
よくよく考えてみると私復帰してから、普通の6人パーティで普通の戦闘というものを体験したことがないのです。
今は昔と違い、主要都市内でシャウトして人を集め、狩場に赴き数時間レベル上げパーティというのは全くありません。
レベルが上がった後のメリポパーティというものもありません。
唯一よくシャウトで聞くのがジョブポパーティというものですが、私の勘違いでなければほぼ、参加可能ジョブが決まっているのではないか?と思います。
あれですよ、太古昔の効率追求型のメリポでも、参加できるジョブとできないジョブあったじゃないですか!
でもメリポって稼ぐだけならジョブポみたいにジョブ縛りないというか・・・
ジョブポって、そのジョブポイントが欲しいジョブで参加しないともらえないんっすよね!(汗
なので私は、頑張って魔導剣士で醴泉島へ籠りソロでチマチマ狩り続けているのです(^ω^)
こういう時、コツコツ系ソロ活動が苦手な人間じゃなくてよかったなーって思いますね~w
そもそも一番初めのキャラでは黒魔道士をメインジョブにしていたので(2007年なので、ペット狩り全盛でした)
10年過ぎた今もソロぼっちとかどんだけ成長してないんだよと(白目
自分のブレない部分を再度認識してしまい、ちょっと苦笑いしました(;´д`)<ふぉー

でも今はあの時と違う。大きな夢を見ているのだから。

今の私は、ヴァナ・ディールで過ごすExcelinaは、本当に本当に色々な事を知りたくてたまらない。
座学だけじゃなくて、この目で見てみたい、体験したい事が山のようにある。
連携の事を考えた時、どうしたらいいんだろうと少し悩んで、ふとある一つの事を思い浮かべていました。
「いやまて・・・しかし・・・でもちゃんと予習してきちんと筋道さえたてていけばもしかしたら・・・」

そしてそのことを思い浮かべた日から、虎視眈々と実行する日を伺う時を過ごすことになります。

ちなみに今も継続中です(笑) あ、これ書いている時は6月16日です!
かなりエピオラトリー関連で書きたい話が山積みになっているのですが、機は熟したというか、たぶん今なら・・・
と思うので、ちょっと言ってこようと思います!きっとたぶん、大丈夫。きっと・・・!




さて、丁度いい締め?になったので次回予告です\(^o^)/

FF11201706160246.jpg

デェトに着ていく服がない私が、ついにお洋服を手に入れようと頑張る事になりました。
運が良ければ上で書いた連携の話の続きも盛り込もうと思いますが、その件に関しては未定ですw
だって私の都合でどうこうできる話じゃないんだもの・・・(´・_・`)

更新は6月中を予定しています。
そして#6以降はちょっと私の闇深い一面をお見せする事が増えるかも。これ以上闇ってどうすんだろと思いつつ、
エピオラトリーの夢を見て日記にすると決めた時から、その時あった出来事をその時思った感情を、
できるだけ余す事無く書いていきたいと考えて始めています。

なのでその決意に沿い、嘘偽りなく書き綴っていこうと思います。
|д゚)チラッ ながーいながーい話になっていますが、お時間ある時にでも読んでやってくださいっ!
スポンサーサイト



Lucille(Excelina)

Re:

お返事が遅くなって申し訳ありません><

最初にあげたものが、自分の感じる良い状態になってないって
あげた直後から感じていて(笑) もう少し書き直してみようと思い今に至る・・・ですね。
相変わらず長くて自分でも読んでて笑えないですが><w

昔は盾って、着替えなかったんですね!
そんな事あるんだと思いフレさんに話を聞いたら、点滅してたらタゲられないと言われましたw
自分は黒がメインだったので全く知らなかったです;

マクロありがとうございます。
これこれ!こんな感じで私も作っています~

お恥ずかしい話、フレさんに教えてもらってマクロを作って、
確認しても着替えた形跡がなくて・・・とういうか不発で。なんでだろうと思っていたら、
RNコート+1っていうのが正式名称で、めっちゃルーニストコートで入れてたから不発だったという。
その辺りの法則も知らずにやり始める自分もアホですが、
今ってなんかどっかに通常装備とかカット装備とか指定して、一度に着替えられるって聞いていて
その辺りが正直 ? になってますね。たぶん装備を着替える習慣が自分にないのでイメージがわかないという。

>行動の上下の着替えを装備セットで指定する場合は必要です

ふわぁー!たぶんその事ですよねっw は、早く人間になりたい(違

マクロとか未知すぎる領域なので、まだ理解が進まないですが
丁寧に解説してくださってありがとうございます。

2017.06.24 Sat 15:51
ぼん

こんばんわ、また大作ですね!
自分も復帰前ナイトでして、
盾は着替えの点滅が起こると回復役が困るので基本なしだったのですねー、それで楽を出来てたのが
復帰後はロックスタイルが出来てたもので、便利な反面、着替え装備とマクロを用意しないといけなくなり、まだうまく整理できていませんね…

上の魔剣の例だと
/equip body RNコート+1
/ja ヴァレション <me> <wait1>
/equip body FUコート+1
(/equipset 番号 echo (通常カット装備など))

シンプルだとこの感じになります。
ウェイトは無くても行けますが、
誤作動を防ぐのと
行動の上下の着替えを装備セットで指定する場合は必要です

エクセリーナさんは勉強家なので
すぐご自分でバシバシ作り出すでしょうから説明はいらないかもしれませんが!

2017.06.16 Fri 19:03