彼はまだ私のメインジョブが魔導剣士という事を知らない【予告編】

FF11201705262050.jpg

この日ログインをすると、たまたまサンドリア港へ出たので少しだけ遠出をして、北サンドリアへ抜けました。
木工ギルドへ行き納品アイテムを確認し、エミネンスのポイントで交換できるアイテムだったのでそのまま南サンドへ。
交換が終わるとすぐに北サンドリアへ戻り、納品終了。
帰り道ゴブの横を通ったので、話しかけてなんとかの箱を貰う。
たまたま持っていたジョブの証をトレードしスペシャルダイヤルも引いてみました。結果は・・・

すると、ログに「○○はあなたをじっと見つめた。」と流れました。

ヴァナ・ディールではよくある事なので特に気にもしません。
私も道行く魔導剣士に関しては容赦なく見つめていきますし、嫌ならログをマスクできます。
すると間髪入れずに

>>こんにちは。:3

とtellが来ました。名前を見て、さっき自分を見つめた人だな、という事はすぐ理解できました。
この時点で、名前だけでは日本人なのか外国人なのか判別がつかなかったので私も【こんにちは。】と返事をしました。


>>楽しみいりませんか?

は? 楽しみ?なんだそれ。最初そう思いました。
その日の私は、午後から完全フリーだったので、ヴァナ満喫したらゼルダでもやるかな~
溜まってる映画もドラマも見たいなーって感じで浮かれていたので幾分機嫌が良かったのです。
よせばいいのに、【楽しみ】??とレスしてしまいました。すると帰ってきた返事は

>>モグハウス

この瞬間、7年ほど前に遭遇したあの思い出が蘇ってきました。
あの思い出とは、南サンドリアで突然自キャラ(Excelinaと同じです。私はこのエレ♀エリーヴが大好き)を
褒め称えてきたNAに「俺のモグハウス来てよ」と誘われ、行ったらエモやチャットで卑猥な行為を
強要されそうになり脱兎のごとく逃げだした思い出・・・。当時はめちゃくちゃ気持ち悪かったけど、
ある意味私にとってオンラインゲームあるあるネタになり、後世まで語り継がれる事になった(笑)
最近では正直そんな思い出も風化しつつあったのですが・・・

よせばいいのに私は、【モグハウス】invite?とレスをしました。来いって事?というニュアンスで言ったのです。
単語の意味は招待する、らしいので今思うと全然違いますね(笑) 
これからは、私にはこの程度の英語力しかないって事を念頭に置いて読んでいただけると幸いです・・・
すると相手は

>>/yesいりませんか?:3

と返信してきたので、私まだジョブポ稼ぎに行ってないしやりたい事あるんだけどなぁって思いつつも
少しだけならいいか。今はモグハウスも二階建てになって、本気で力入れてる人のは凄いもんな。
そういうのを見てもらいたいのかもしれない。
そう思ったので、okと返信をするとパーティに誘われました。

結論から言うと、彼は・・・モグハウスで内装も見せてくれましたが私に全く別のものも見せてくれることになります(意味深
そしてそれが、色々巡ってとんでもない事態に発展していくのですが、ヴァナ・ディールを超えた超絶長い話になりそうなので
今日は予告編としてあげておきたいと思います。
この件があったおかげでちょっと自分のペースが乱されていて(笑) エピオラトリーの話早く書き上げたいのにまだ全然だよー

なるべく早いうちに書きますねっ 
スポンサーサイト