彼はまだ私のメインジョブが魔導剣士という事をしらない【プルゴノルゴの衝撃】

彼はまだ私のメインジョブが魔導剣士という事をしらない【FF11SIDE】からの続きとなっております。
もしよろしければ、長いのですがそちらからお読みいただいた方が話を追っていけると思います。
重ねて言いますが、長いです(白目




FF11201706010843.jpg

私が水着に着替えたら相手も鎧から水着に着替えてくれたヨ/(^o^)\チガウソウジャナイ

時間があるかと尋ねたら、あるよと答えてくれたので。
じゃあまぁ付き合ってもらおうかとモグハを出ました。このまま重なっていたくないという理由が1番でしたが
少し懲らしめるというか・・・廃人様にライトプレイヤーの本当のウェーイ\(^o^)/を教えてあげようというか、
モグハで装備脱げだのキスだの、言いたくないけど下着を下げるだの云々・・・エモで反応に困る事をされた仕返し?
絶望的につまらない時間を過ごさせて「【用事があるので、これで。】」と言わせて、二度と私に絡まないようにさせてやろう。
という気持ちで連れ出すことにしました。私とあなたでは、遊び方が全く違うんだよ・・・色々な意味で。

行き先?説明するのも面倒だったので(ぉい
【ついてきてください】^^ で済ませました。
(相手は聞いてこなかったけど、さすがに途中で説明しましたw)

LSでメンバーさんがぼやいていたのは、おそらくこの水着の事かなー?と思い確認していました。
プルゴノルゴまでひとっとびの水着。潮干狩りでしか取れないアイテムが欲しいとおっしゃっていたのを聞いて
あいつをここに連れ出してやろう。潮干狩りなんてダルい事絶対好きじゃないだろうしw と思ったのです。
最初は水着で飛んでいこうと思ったけど、この水着のテレポは着ている本人じゃないと無理っぽく
私は彼に「島に飛べる水着手持ちにある?」って聞くだけの英語能力がないんですねっ;
なのでモグハを出てテレポメア。何の疑問も持たずについてきてくれるエピオラトリーを背負った変態。
(モグハ出た時には鎧に切り替えてた。やはり外であの格好は恥ずかしいのか?)

タロンギからブブリム半島→ビビキー湾、汽船でプルゴノルゴという道順ですが

ブブリム半島でさっそく迷子になる私。

FF11201706010942.jpg

通じもしない あーー は余分ですが、言わずにはいられなかった・・・w
tabでビビキー湾の名前を出したことで、察してくださったのか何も言わず案内してくれたジェントルマン。
(本当の紳士なら初対面にあんな事しないから正確には違うか)

FF11201706010958.jpg

NPCの前へ行き、チケット買っとけよの気持ちを込めて/pointだけしておくw
英語の会話がなくてもなんとなく伝わっている・・・ハズ。
この時点でなんか英語で言ってきたけど、汽船航路凄く久しぶりでちょっとワクワクしていたのでスルーした。

FF11201706011012.png

この前修理した太公望の釣り竿に、適当に鞄に入っていた切り身をセットしておく。
これがプルゴノルゴに行かない船っていうのも(遊覧船なので戻ってくる船ということは)理解していたのですが
彼はどこへ行くのか知らないから、私に着いてくるしかなさそうでした。
でもさすがに時間のかかる船っていうのはわかっているだろうし(ヴァナ歴長いだろうしさすがに・・・!)
嫌ならこの時点で帰ればいいしな。と思って、ふふふーんと乗船する私。

FF11201706011026.jpg

もう勝手に釣り始めて(一応釣りしてる事だけはtabでアピールして)釣れたのレギンスで笑ってしまったw
この後何を釣ってもほぼ外道祭だったので1人PC前で笑っていました。
私が勝手に釣りを楽しんでいても、彼はほぼ背後にいてニコニコしてた。

FF11201706011037.jpg

mob釣った時は助けてくれたよ~ 
名誉のためにお名前は消させてもらってますので、見切れてるライオンハートが若干悲しい。

FF11201706011046.jpg

そうこうしてるとなんか言っていて、トレードをお願いされました。
ちょっと意味が分からなくてぼったちしてると、私が持っていたイワシの切り身を指定されたので
ああこれが欲しいのかと理解し、私よりお金持ってそうなプレイヤーに私が物をあげる事に(ぉい
(たまたま手持ちがなかったんだろーなーってのは理解してますよっw)
そして一緒に釣りすることになり、たまーに単語で何か喋ったりエモしたりで、

FF11201706011150.jpg


なんだかそれなりにくつろいで遊んでいる始末。
あれおかしい・・・私の予想だと10分くらいで理由付けてきてデジョンじゃないかと思ってたんだが・・・

“いやしかし本番はこれからだ・・・!ライト舐めんなーーーー!”(違

遊覧船から降りた後は、すぐに出発のプルゴノルゴ行きをなんとなく見送り、桟橋で釣りを勝手にしだす私。
これ、プルゴノルゴ→遊覧船→プルゴノルゴ→遊覧船以下略なので、プルゴノルゴ見逃したら次遊覧船だから
それは乗っても意味ないので(さっき乗ったしw)余裕で30分近く待たされるという事態になりますw
“耐えられるかなぁ”と内心思いつつ、勝手気ままに釣りをして遊びます。
(今ちょっと気になったので用語辞典確認したら、若干違ってました。 島→リーフ遊覧→島→ダルメル遊覧 って感じみたいです)

FF11201706011354.jpg

日本人同士なら、普通に日本語で会話するので相づちも難なくできるし、
むしろ日本人同士でもこんな事になったら若干緊張していつもより気を遣っておしゃべりしそうですが(爆
しかし英語・・・なんちゃら動詞とかのレベルではなく、単語のレベルでイミフな私としてはもう流れに任せるしかない。
“じゃっぷめー地味な遊びしやがってーもう帰ろ”的な事吐いてくれても構わないし
何の意味もない釣りを見知らぬ人間とする理由なんて、この人にはありません。
言葉が分からないからって、私意地悪してるなぁ・・・と少し心がチクチクしたのですが(人間なので心はある)
色々思いながら普通に時間は過ぎて、2人して意味もなく釣りして外道を釣る行為を繰り返していました。

FF11201706011410.jpg

まぁ相変わらず近いので、こんな至近距離で貴重な両手剣見させてもらって
本当にありがとうございましたァ!

プルゴノルゴ行きの船に乗っても、同じ。テキトーに釣りしたりmob釣っては倒したり、
なんとなく座って景色見たり。船から見る景色は、本当に美しいですよ!
隣にちょっと不思議な人が座ってても、美しさは変わらないよ!

FF11201706011418.jpg

エーティルの分際でライオンハート見下しててすみません; なんか自分がオラついてるというか、
睨みつけてるみたいなスクショになっちゃってます><w
流れる景色は、なかなかこの世界を歩いているだけでは見る事が出来ないものばかり。
ヴァナはとても広いけど、ここの景色はきっと一番好き!て人も多いかもしれないですね。

ちなみに私は熊爪嶽(ゆうそうがく、と読みますが私毎回なぜだか せんがいこく って読んでしまう。)
と千骸谷(こちらが せんがいこく )が好きです。滑り落ちたり山登ったり・・・一筋縄ではいかないエリアです。

脱線しましたが、無事プルゴノルゴに着いた我々2人。ヴァナのリゾート地だぜウェーイ

FF11201706011431.jpg

現代に生まれてよかったー!わからない単語とか速攻ググれるし、私が日本人と伝えてあるから
なんかおかしな事言ってても許してくれるやろ~!的な解放感に包まれながらいざ潮干狩り!
(船に乗る前に潮干狩りするとは伝えてある)

FF11201706011435.jpg

浜辺にポイントがあるのでこれを巡る事にします。
とりあえず無言w

FF11201706011438.jpg

ザクザク歩いていきます。ついてきてるかどうかなんてキニモシナイ\(^o^)/自由にしようぜ!

FF11201706011439.jpg

あああっなんか見つけてしまったァァァ もしかして:飛べた?
何も考えないでいこう・・・w

FF11201706011444.jpg

結局砂浜にポイントがあるから、くるくる外周を一周してみました。
途中で袋壊れたっておっしゃってたので慰めておいた。
潮干狩り久しぶりに遊んだけど、結構難しいなぁ 何も見ないで挑戦してみて、用語辞典で確認したけど
レアなものなんて全く掘りおこせませんでしたw でも景色つらつら見ながら遊べるし、
今度最大容量チャレンジしてみよっかなーとか思いながら遊んでいました。

FF11201706011450.jpg

自キャラの後ろ姿(しかも水着)スクショばかりで大変申し訳ない;
エルヴァーン女性はスタイルはイイと思うけど、もう少しお胸が欲しかったなぁw
ていうかどう見ても柔和な感じはしないですよね。エルフってふんわりしてるイメージなんだけども(´・ω・`)
しかし一番好きな種族です!エモが優雅なところとか、意外と高い声とか!
個人的に カワイイ も好きだけど、 キレイ の方がグッとくるというか。
自キャラマンセーここに極まれりですが、脱線してるからそろそろやめますw

FF11201706011457.jpg

一周走り回って報告して。
とりあえず釣果でも申告するかーと思ったけど、これ釣りじゃないから釣果おかしいよなーとか色々思って
英語って難しいな、どうやって言おうかな?と悩んでいるうちに辺りがだんだん薄暗くなってきました。

正直こんな、上手く言えませんが・・・意味のない、いや私にとっては意味はあるんだけど、それでも
あまり気持ちのよくない理由。“どうせこの人は廃人だから私のライトな遊びにはついてこないだろう”という気持ち。
ちょっと不快な思いをしたから、半分おちょくってやろうという感情でここまでやってきた。

しかしこの人は、私が急に釣りを始めたり、プルゴノルゴで勝手に走り回っていても
終始ニコニコしていて(それしかできなかったのかもしれませんね。言葉通じない相手だし)
文句ひとつ言うでもなく、とりあえず本当に近くにいました。(至近距離すぎるけど・・・w)
不快な事は最初に辞めてくれと伝えて以降、一度もなかった。
モグハにいた時よりも、長い時間を外で過ごして。初めて申し訳なかったなって気持ちになりました。
何で私に話しかけてきたかもわからないし、どうしてこんなのに付き合ってくれるのかも定かではなかったけど
説明する言葉が浮かばない以上、謝罪よりも感謝の気持ちを述べるべきでは?そう思いました。
ここまで遊んでくれて、ありがとう。その一言を伝えるべきだと。
(少なくとも私は、思うところはあるけれど、日ごろ遊ばない遊びができたし楽しかった)

すると彼は、相変わらず至近距離で視線を私に合わせながら、思わぬことを言い出し始めた。

do you play 「最後の幻想」14?

一瞬 ? と思いましたが、最後の 14? で、瞬時に理解する。
FF14をやっているかどうかを、聞いているのだ、と。やっているので正直にyesと答える。
すると me too と返ってきたので、“FF11もFF14もどっちもやってくれてるのか~FFってなんだかすごくね?”と
妙に嬉しくなる。日本人的にw
すると続けざまにどこのサーバーかを聞かれたので、グングニルだよ!と答えてしまった。
この人は外国の人だから、さすがに同じサーバーなわけがない。
よくてDC(データセンター)が同じくらいだろう。そう思っていた。
すると I'm on Bahamut とおっしゃったので、エレメンタルDC(グングニルが所属するところ。バハは別のDC。)じゃないねぇ
という意味を込めて、違うね!とチャットするも、意味が通じず、なにそれみたいな事を言い出す・・・
(ちなみに同じDC内であれば、サーバーが違っても今はパーティを組んで遊べるんですね。)
省略が良くなかったかな?と思い改めて正しい綴りで言うも、通じない。
そしてバハは日本語サーバーだよと言うので、逆に何でこの人はわざわざ日本人の多い日本語サーバーにいるんだろう?
という疑問が頭の中に浮かんだ。しかしそれを聞き返せるだけの英語力は私にはなかった。
はてさてどうしようかと思っていたら、

Want me to come to Gungnir?

とログが流れてきました。グングニルがどうしたんだよ・・・と思いつつ、正直 to とか on とか文章に何回も使われると
何言ってンだかわっかんないんだよぉお日本人で本当にごめんなさい;という気持ちになります。
きっとこれは凄く簡単に仰ってくれてるんだと思うのですが、理解するのに少し時間がかかった。
(遊んでいる中で、そんなに会話はなかったものの私用に短文で済ませるよう気を遣ってくれているのはわかっていました。)

でも、バカァな自分でも、実はみた瞬間なんとなくわかってはいました。
でも怖くてどういう意味か聞き返せなかったし、聞いちゃいけないとどこからか警鐘が鳴っているような気がした。
でも彼は、同じことをもう1度聞いてきたんですね。
なので苦し紛れに Move Server? と、伝わるかどうか知らないけどとりあえず言ってみる。
言ったと同時に彼から me move to gungnir と流れてきたので、

は?

PC前で結構大きな声出して言ってたw 家に誰もいなかったので良かったんですが。
ほんと、は?でしたね。お前は何を言ってるんだのミルコわかりますか?あの画像思い出したよ。
あとこのログをみた瞬間、「こんな時、どういう顔をすればいいのかわからないの 英訳」ってググってた。
でも出てこなかったので あなた本気なの? っていう文にしておきましたw
逆に英語で「笑えばいいと思うよ」と返されても爆笑するしかないのでよかったかも(違

いや、事態はそんな生やさしいものではなく。

返す言葉がないって英語、あれいいですね。もうそれぶちこんで、話題を変える事にしました。
とりあえず別の話してもうこれ無視しようそうしよう。そう思ったので、
私のメインジョブFF14では白魔道士だよー 11だと魔導剣士!
・・・って、ログ見たら言っちゃってました自分wwww
彼はこの時点で私のメインジョブが魔導剣士と知っている にタイトル変えた方がいいのか(白目

ともかく彼からは、FF14ではナイトだという返事があり、続けて紅蓮の解放者は遊ぶの?と聞くと買うよ!
とのことでしたので、ほら、外国のユーザーさんも新しい拡張とても楽しみにしてみえるらしーですよ!!すごいすごい
もう、本当にこれ以上話をしていたらいけないのではないか。お礼を言って速攻退散すべきではないか。
頭の中がどうにかなりそうで、必死に必死にいろいろ考えていました。

まだ初めて会ってたった数時間の人間と、この世界以外でも遊ぶ?
サーバー移動ってそんなに簡単なものなの?
ていうかリアルマネーかかるじゃないですか・・・円じゃなくてドルじゃん!
そんな事を、簡単に決めてもいいの?
あなたのお友達は、あなたがいなくなって悲しむのではないですか?


色々な事を聞きたかったんですが、ていうかグングニル鎖国してね?って言いたかったんだけど
英語出来ないから、どうすることもできやしない。日本人でごめんなさい;(二度目

何を返していいのかわからず1人黙々と考えていると、やはり丁寧に同じ質問をしてきます。
3回くらいしてきてるけど、全て文章が違ってた。1回目はスルー。2回目は正気なの?3回目は・・・
苦し紛れに、「気持ちは嬉しい」という事を返したのですが、これはYesかNoで言わなくてはいけない事なのでは?
と感じたので、しつこいながらももう一度「本気なんですか?」と続けて聞いてみました。

そうそう、英語調べてて分かったけど、問いかけとか返事とか、結構色々なバリエーションあるんですよ!
そーいうのは日本語の方が多いって思い込んでいたけど、英語も色々あるんだって思いました。

本気ですかの問いかけに、本気だと仰っていたので。もう一度しつこく聞いてやったら力強くYesって言うから。

あーわかったわーもう言わなーい本当に来れるか見せてもらおーっと

と頭を切り替えた私は(実はこの時点でもグングニルが鎖国の可能性が高いと思い込んでました。)
自分のキャラクターであるLucilleの名前を伝え、あなたの名前は?と伺うと
変更してFF11のと同じにすると仰ったので、わかったよ、と答えます。ほんとに来れたらいいねって思いながら。
そしてちょっと待っていたら、移転できたよ、ログインしたよ^^ って言ったので(さすがにその瞬間は戦慄したけど)
現物見るまで信じないつもりだった私は「今どこにいるんですか?」と聞いてみると
「ウルダハ」というので、じゃあいくわー^^クイックサンドのモモディのとこで待ってろください。とチャットして、ログアウトしました。

はたしてそこにいたのは



彼はまだ私のメインジョブが魔導剣士という事をしらない【FF14SIDE】 につづく
スポンサーサイト