エクセリーナはエピオラトリーの夢を見る#8 「グダグダ魔導剣士、最大にして最高の危機がやってきた・・・?」

FF1120171209112801.jpg





2017年6月。

FF11201712251202123415465456.jpg

憧れの胴装備・フサルクコートの強化をすべくデュナミスへ通い無事フラグをたて、
そして欲しかった被ダメージマイナスのついているストラップ・リファイグリップ
も立て続けに手に入れることができた。
その間ワークスコールをレジェンド評価にする為、足しげくアドゥリンに通いワークスを受け続ける。

私はこの事を、LSで相談をしたり報告をしたりするようになっていた。
直接「エピオラトリーを作る為にやっている」とは言わなかったけど、
この頃になるとおそらく『この人は魔導剣士の装備を整えたいんだな』と皆さんは感じていたと思います。
そしてLSで、フサルクコートを強化できた事、リファイグリップをgetした事、
それに合わせて着替えマクロを組もうと四苦八苦しているさま・・・↓

FF112017122512361212.jpg
201712251232135454.jpg
20171225123201154.jpg

以前記事にもして書いたと思いますが、全くの素人というか、
私の知識は2010年くらいで止まってしまっているので今のヴァナ・ディールのマクロ事情を全く知らないのです。
みかねたやおきんがとても丁寧に解説してくれました。
教えてーとばかり言っているのも申し訳なかったので、その後一応調べてみました。すでに忘れてるけど・・・w

そしてこんな事をして遊んでいたある日。

LSで皆さんが何やら喋っていて、誰が何(のジョブ)で行くかetc 編成の打ち合わせをしていました。

誰かが何かを提案して、誘いあってどこかに遊びに行くのはこのLSではいつものありふれた様子なのですが、
その日は・・・いえ、その日もが正しいのですが、私に声がかかりました。

「〇〇取りに行くから行こう」

いつもと少し違うなと感じたのは、いつもなら「〇〇しに行くから行こうよ」とか「〇〇そろそろじゃない?」とか
なんだかんだでお伺いを立ててくれるというか、こちらの様子をみて仰ってくれるパターンが多いのですが
この日はそんな空気を感じませんでした。

そして私は、何かのお誘いの話はほぼ断っていました。
ゆるジョブポ稼ぎ~ですら引け目を感じ雑魚でごめんなさいと涙目になるレベルだったので(笑)
先輩たちの言う〇〇が、すぐに理解できない場合は断っていました。

〇〇っていうのは装備の名前だったり、コンテンツの名前だったりで色々なのですが・・・
少し脱線しますが、以前なんかのジョブを99にカンストした際、そのジョブで使える武器が落ちるからと
どこかの敵をLSでの小人数PTで倒しに行った事があります。
私は魔導剣士しかまともにやれていないので魔導剣士で参加するのですが
(正直AFしか装備できていない状態だったのでまともですらなかったと思う)
全く攻撃は当たらないしなんか数発で敵は死ぬし(毎度おなじみのパターンですね・・・ワロエナイ)、
「はい次~」って感じでどんどん同じ敵を倒していく。

もちろんその間自分はガチで空気ですw
その日初めて知って初めて見るなんとなく強そうな武器が落ちて、「おめでとう!」
「あの、いいんですか?これ皆さんだって欲しいんじゃ・・・?」「もう持ってるからいらないよ!」「アッ、ハイ・・・」

気にかけてくれて、一緒に遊ぶ為に私でも気軽にできる事を考えて誘って下さった気持ちは嬉しい。
しかもその時の敵は、トリガー型だったのでトリガー(物によっては数万、数十万のアイテム)を準備しないと
敵を沸かせられない。(と、後で知った・・・)
「よっしゃヤッター!タダで武器ゲットしたー!さすがエル♀!可愛いから色々やってもらえてラッキー!」
と調子に乗った事を思って、素直に嬉しい、ありがとうの気持ちを前面に押し出していけばいいのですが
なんというかそんな事思う余裕もその瞬間はない。
ただただ申し訳なく、私の頭の中に常にあったのは「ここまでしてもらっても、恩返しできる日はいつかくるのかな・・・?」
という事でした。

話は戻りますが、
・・・いつも何かしらの恩恵を受けてばかりの立場でしかない自分には“LSの先輩と一緒に遊びに行く”
という事すらも本当に敷居が高く、毎度断るたびにいつか対等で遊べる日が来たらその時は・・・と思っていた。
当時の目標は、
せめて殴った敵にダメージが入るレベルにしなきゃ(白目

そして案の定?この日も〇〇取りに行こうの〇〇は、私には全く知らないものであった。
いつものようにやんわりと断ったら、いつもならその時点で終わるのですがこの日は違った。

「FUコートも強化したし、グリップも手に入れたんだよね?装備強化してるんだよね?」
魔導剣士なら〇〇は必須レベルだし、LSのみんなでなら××倒しに行ける。
「正直いつまでもそのままの装備じゃ、一緒にどこにも遊びに行けない。」

(もっと言葉は柔らかかったですw 意味を訳すとこんな感じ、ですね。)これ言われた時、
頭の後ろ、緑のスリッパでスッパァァンと叩かれた気分になりました。
いつまでも何か月もずっとずっとモタモタしてる私を根気強く相手してくださってるだけで
本当にみなさん凄いんですけど(爆

これ上手く伝わるかどうかわからないんですが、LSの先輩の皆さんは私から見るとほぼ同じ進み具合?
言うなれば同じベクトルで遊んでいる方たち、なんですね。
曜日によっては固定でどこかしらに行っている事もあったし、チャットの様子を眺めていても
本当に気の合うメンバーなんだなっていうのを感じ取ることができた。
だから私は、『いいなぁ。私もいつかこんな風に喋れて、気の合うフレンドさん作ってコンテンツ攻略してみたいな』
そんな事を思っていました。私の目から見ると いいお手本である先輩たち だったんですね。

いつまでもそのままだと埒が明かない。装備を整えているのなら〇〇も取得するべき。
ていうかメインの盾をやるなら絶対いる。特にどこそこの部位は以下略

そんなチャットが流れていてリアルでPC画面前で泡吹きそうになっていたのですが、
オタオタしていたら皆さん普通に準備していて、そもそも私を誘う前から編成云々チャットしていたので
移動したり何かしらの準備をしたりの報告も飛んでいる。

行く以外の選択肢がないとはこの事か?

この状態で行かないというのは、せっかくこうやって動いて下さっている方たちの厚意を無にする事・・・
いやいやいやいや、

〇〇ってそもそも何かも知らないし、××って敵の挙動もわかんないし、醴泉島?え?
うちじゃ容易に絡まれるとこなんですけどー?
こんなんまたおんぶにだっこの空気になっちゃうじゃん・・・


私にとっては初めて見る敵であっても、先輩たちにとってはそうではない。
だからきっと、“なんでこいつそんなに怯えてるんだろう”くらいにしか思っていない。
私には確固たる理由や意地(妙に高いプライドもw)があって行きません!と宣言すれば
おそらく皆さん理解してくれるとは思うが・・・でもなんだか、言い出せるような雰囲気ではなかった。
ただでさえちょっと面倒くさい系の自分ではあるのですが、行かないと宣言する事で
この雰囲気をぶち壊してしまう恐れもあったし、でもとても穏やかなメンバーさん達ばかりなので、
事情を説明すれば(おんぶにだっこの戦闘は気が引けてしまうetc)わかってはくれるだろう。

頭の中フル回転で、どういえばいいのかどうすればいいのか考えていたんですが、
考えている最中で気づきました。

フサルクコートも、リファイグリップも、全部私自身がLSで話してきた事だったな。

装備に無頓着で、そういう話には全くノっていなかった自分が意気揚々とLSで喋り続けていた事。
それは紛れもなく、装備の話だった。

“そうだよな・・・今まで全く装備に無頓着だった私が、こと細かに話してたんだ。
今がいける時だって判断して、満を持して誘ってくださっているんだ。”
(実際そんな大仰な話ではなく、かるーい感じでお誘いくださっていたんだと思いますw)

私エルヴァーン♀ですけど 漢になれ て誰かに言われたような気がしました。
ここで「デモデモダッテ~」なんて言い続けていては埒があかないですし、
むしろこの状態を招いたのは自分の普段はやらなかった言動のせい。

本当だったら自ら調べて先輩たちに「〇〇欲しいんですけど手伝ってください!」
くらいの積極性がなくてはだめな所でしょうが、気を遣って下さってここまでお膳立てしてもらった。
この期に及んでビビったままで居続けてもいいのか・・・

色々と頭の中を駆け巡っていて、でも言葉選びが下手なのでどう伝えていいのかわからず
ずっと思案していたけど、みんな醴泉島に向かっている様子だったので観念しました(苦笑)

こういう時いつも言うセリフ。
「私が行っても何も役に立てないし、むしろ居るだけで邪魔になる(メンバー枠を1つ潰す的な意味)けどいいのかな」
「やったらダメな事あったら教えてください!」(イフにファイア系の話ですね)

非常に不安だったけど、特に何も言われなかったのでとりあえず最後にひとことチャットする。

「あ、用語辞典でちょっと確認してきますね。敵の名前ってなんだろ・・・?」





醴泉島に飛んでどこかで何かの敵を倒すことになった。
言われた通りの事をしよう。そう思いながらビクビクしていたら早速、「〇番に飛んで~」と言われました。
飛ぼうとしたら飛べない。自分開通してないっぽかった(白目

FF1120180130031212121.jpg
人からインスニもらったの10年ぶりwww

オイルパウダーの必要ない生き方しかしてこなかった事を悔やみながら、インスニもらって移動しました。
かなり恥ずかしかった・・・w 今でもインスニもらって移動ってするのかな?さすがにないよねきっと・・・
(ちなみにこの時他にも数か所開いてなかったので、開通しました。きっとメンバーさんはみんな
開通作業まで入るとは思ってなかったハズ・・・)

そもそも歩いているだけで絡まれ、しかも一撃が地味に痛い(それだけ強い)敵が周辺にいる中で、
そんなんよりはるかに強いだろうと予測されるNMと戦うなんて正直辛い。
きっとたぶん自分は紙どころかナノ粒子。水素原子レベルの存在でしかないと予測される中、
あたりまえですが私の足取りは非常に重かったです。

現地にくると、そこは広場になっていて何PTも人がいた。
どっかで見たことのあるグラフィックだけどおそらく名前違いの巨大な敵とPTがそこかしこで戦っていました。
広場自体は広い空き地でしたが、何PTもそこにいるので普段見慣れない光景にちょっとドキドキした。
でもそんな余韻に浸る時間もあまりなく、ふわっと湧かされた敵は今まで見た事のない煌く馬だった。

FF112018013030211545554552.jpg

FF112018013030211545554552fgfgh.jpg

おもわずチャットしていますねw

事前に再度やってはいけない事など聞いたのですが特にないみたいだったので、
普段自分が戦闘している感じでプレイする事に。
ただ、盾役としての動きは100%できるわけないと思っていたので挑発はしませんでした。
適当に(失礼ですが敵WSの特性やタイミングもわからなかったので)フラッシュとかヴァリエンスとか・・・
ログは一応マスクしてはいるけど、流れるの早くてワロたw
でもそんな流れの早いログの中でも、私の目に飛び込んできたマイレゾルーション↓

4490f9b2-bfeb-4553-80f6-8a2e86324d28.png

ちなみにこれが最大瞬間風速です(白目
上の青魔道士さんのシャンデュシニュは20000オーバーだったよ・・・

FF11201804062111.jpg

とにかく(私が思いついた分での)やれる事をする。そう思いながら必死に叩いていたお馬さんも無事撃破。
ががっとアイテムが出てきて“おお~”と思っている私を尻目に何事もなかったかのように

「べるふぇー でぃあよろ~」

とやおきんが言った直後に再び戦闘が始まりました。

FF11201804062120dfghj.jpg

popした敵を慌ててタゲります。 なんかゴースト出てきた!とこの時は思いました。(コース族ですねw)
もちろんこのNMを見るのは初めて。雰囲気的に魔法を多用し、そして耐性がありそうな敵だろうな。
という事はなんとなく想像できます・・・・が、それを知った上で私がやれる特別な事は思いつかず(涙目)
ええっととりあえず殴る事しかできないもんね!と剣を振り下ろしました。

FF11201804062134.jpg

ヴァリエンス後に放ったWSで一瞬敵のタゲを取る事ができて(!) わわわっと慌てましたが
ほんの一瞬だったんで速攻青魔道士の方へタゲは戻りました(笑)←笑ってる場合じゃないし!
そして今更ですが、どうしてディアを撃つようお願いしていたかを用語辞典を読んで知りました(遅

この敵、魔法は反射するんだってw(゚o゚)w

わざと魔法を撃ち反射させ、手数を減らすという事。
INTの低い私は読んだ直後、素直に「ああ、魔法は厳禁って事ね」と思いましたがそうではなく
こちら側に反射されてもほぼ影響のない魔法を相手に撃たせることで、相手の他の強力な攻撃の機会を減らすという。
最初にこれ思いついた人はINT5000はありそうな話です。よく思いつくよね・・・
しかもディア(dotダメージ)というのもミソで、上のNMは使用してくる魔法の1つに、スリプガIIがあります。
反射したディアが自分に入っていたら、スリプガされたところで寝ない寝にくい!いや絶対寝ないじゃん!?
敵の魔法1つを無効化できるって事なので、一挙両得な話になります。

まぁ、実戦中はこんな事気づきもしないでTP貯まったらWSしていただけのExcelinaの中の人でしたが

敵のHPが半分を切ったところで急にパーティの皆さんが猛攻してジュワッと溶けたべるふぇさん。
“うわっ終わっちゃった”と納刀した自キャラを見ていたら

FF11201804062202.jpg

ドカッと流れ出す戦利品のログ。これが流れた瞬間に「でたぁ!」とチャットが流れ、

FF1120180406221101.jpg

これをいただく事ができました。ヘルクリアブーツ。名前だけはなんとなく知っていた。

アドゥリンの街中に立っている、強そうな装備をしている人たちが身に着けていたアイテム。
(ぶっちゃけ沢山のステータスが付いているので、読んでいるだけで目が泳いでしまって
今回手に入れてから初めて一つずつステータスを見ていきました。見ただけで深い理解には至っていないケド・・・)

FF11201804062209.jpg

せっかくもらったアイテム。今すぐ身に着けて戦ってみたい!と思った気持ちをいうのですが
やおきんに無理しなくていいと言われます。オグメないでしょうって事ですが、“オグメ・・・?それ私にもできる事なの?”
とこの時疑問に思いました。

さすがに今なら理解できるよ!w

醴泉島で落ちるような強いアイテムを、自分がどうこうできるだなんてこの時全く思っていなかったし
仕様も理解していなかったんですね。無知からくる発言でしたが、ここでオグメ・・・オーグメントの存在を知ります。

FF11201804062228.jpg

本当に夢のような時間でした。

それは、ディズニープリンセスが王子様と舞踏会でダンスを踊るような甘いひと時ではなく
見よう見まねで敵を殴りつけ、他の皆さんのWSに自分のWSかぶせない様に
とりあえず気をつけながら恐る恐る戦闘をする。びくついた小動物のような気持ちでその場にいました。
何度かこれを繰り返し、お目当てのアイテムがドロップする。皆さんにおめでとうと言われてロットして
装備のステータスを見て目が点になる。
“私が今身につけている装備とは比較にならないくらいとても強い・・・”

ここに来てくれている人たちはみんな、そういうのを自分の分、友達の分、こうしてLSのメンバーの分。
幾度となく挑戦し、ドロップの品に一喜一憂して・・・というのを繰り返してきたんだな。
慣れている人からすれば、もう流れ作業のような戦闘に過ぎないと思う。
装備が整っている皆さんにとっては、そんなに気を張り詰めなくても戦える敵なんだと思う。
でも冷静に考えると、今の私のような“大丈夫かな?上手くできるかな~?”と思いながらやった
初見の時は必ず誰にも存在する。「初戦の時どのジョブで行きましたか?」「どんな感じの戦闘でしたか?」
そんな事を聞いてみたいとふっと思ったけど、余裕が全くなく聞けずじまいでした(笑)

20180423180901.jpg


この日は湧かせて倒すを複数回繰り広げたあと時間も遅かったため解散する事になり
そのままオーグメントの存在を教えてもらった私は、ノーグの受付NPCの元へ行き石を投入する事になります。
石の種類で付けたいステータスが変わる事。用語辞典を参照しつつ、私の魔導剣士の手持ちの装備を考えながら
どんなステータスがよさげなのか考えながらガチャしましたね!
このガチャに1時間以上費やしてしまって翌日も“もっといい値が引けるかも・・・?”と思ってやはり1時間以上ノーグにひっきーしてました。
初めての本格的ガチャにしっかりハマりこんでしまい(ぉい こんな遊びが私にもできるようになるとはー・・・とこの時しみじみと思いました。




20180508201901.jpg

その数日後、再びお誘いいただいて残りの取得していないヘルクリア装備:胴を手に入れよう!
という話になり、醴泉島に再び赴く事に。この日の構成は私のぼったち魔導剣士に
青魔道士2名?と風水師とコルセアと白・・・?さっぱりわかんないけど計6名。
この時も理解していなかったし、今も理解していません(ぉい
加えて私は、現地着くまで・・・PTリーダーが沸かせてくれるまで何が出てくるかも理解していませんでした。
(先日数回戦ったドラゴンだと認識したのはそのドラゴンが目の前で湧いたときでしたね・・・)

FF11201805281745231232 - コピー

みんな~と駆け寄る図。ちゃんとオイルパウダー準備していましたよッ

作戦らしい作戦を得にすることもない。
(先輩たちにとっては、おそらく腐るほどやっているNMで、加えて完全な身内なわけです。
言葉少なに打ち合わせをし、誰が何を言うまでもなく阿吽の呼吸できっちり合わせて戦闘を開始するのです。)

FF112018052818424523.jpg

私にあれしろこれしろなんて、これはやったらダメ!・・・なんて事は皆さんただの一つも言いません。
それは私が頭数に入っていない、微粒子の存在だからに違いないのですが
この日の微粒子は少しだけ、ほんの少しだけ・・・

やりたいなー

と思っていました。微粒子レベルの存在価値のくせに、自分の考えた魔導剣士の動きをしてみたい
もはや勘違いも甚だしいレベルで思っていたのです。
この敵に合うルーン3つ焚いて~盾だから挑発とか使っちゃってタゲ固定して~程度の知識しかないくせに
そんな事を考えた理由は、“ヘルクリア装備4か所持ってるし。これめっちゃ石使ってガチャしたから強くなってるし!”
そう・・・

強い装備手に入れたから自分の力試してみたくなった。

という簡単な理由ですヽ(´∀`)ノアハハ (驚いたのが私にもこんな感情あるんだなって事です。
そもそもほんの数日前までは、AF1とAF2を少しだけ強化しただけのヘッポコくんだった自分が、
急に最終装備としても扱えるヘルクリア装備を手に入れたのです。テンションが高くならないわけないでしょ。
あと、命中がすっごい上がったんですよね・・・!wこれなら私の攻撃あたるんじゃね!?と思ったからです。

本音を言うと、誰も何も言わないからこそ、やりたいようにやれって言われてる気がしたんですね。
そもそも何もできずにただそこに空気のように存在するだけだった前回。
そんな存在の自分に、他の方は何も言えなかったんじゃないかって思ったんです。何もしてないから。
だから、盾としての動きをする魔導剣士・・・私が頑張ってこれをすれば、
目に余った行為なら恐らく指摘してもらえる。そう考えました。
この前は甘えさせてもらい、何も知らないまま強い装備を貰う事ができた。
これから戦う相手何か忘れたけど、この前より装備がはるかに強くなっているんだから
私にできる仕事はあるはずだ。自信もって私の思う魔導剣士の動きで戦ってみよう。

人知れずそう誓い、挑んでみようと考えました。

FF11201806022119.jpg

1回目。

雑談の合間に沸かす合図が入ったので、
なんとなくウンダ3回焚いてヴァリエンスした^^
どうしてウンダ選んだのかはわからない。今ちょっと疑問に思ったから、ウンダでよかったのか Neak FF11 魔導剣士 動画
で適当に検索したんですが全く出てこない(笑) 青ソロとか、後衛さんの動画は沢山あるのに・・・

結局ウンダでよかったのかはわかりませんが、戦闘開始直後敵にターゲットを合わせようと四苦八苦している間に
普通にやおきんがぽこじゃか殴り始めてて笑ったw え!?もう殴ってるの!?早くね!?
ていうか魔導剣士のお仕事するぞーっ!とか思ってたくせにFA普通にとられてる(白目

あれっ敵にタゲ合わせるのってF5?F7だっけ?あーっもうもう!

結局コントローラーのカーソルでポチポチ合わせて、そんなことしてるうちにもう誰かWS撃ってるし(蒼白
とりあえずフラッシュ入れて挑発するとこっち向いてくれたので急いでフォイル。

FF11201806022148.jpg

画面いっぱいに紫の物体しか見えなかったので数歩下がって、WS何がいいのかわかんなかったので
とりあえずレゾルーション。(なんとなく の次は とりあえず というお粗末な魔導剣士です・・・)

FF11201806022154.jpg

(゚д゚;)

実際はPC前で真顔な中の人でしたが、粛々とバットゥタ使ってとりあえずヘイト高めようと頑張った。
フラッシュの存在も思い出して唱えつつ、自分にケアルがかけられてふわーっ!?となりました・・・!
なんかソロの時の癖でリジェネかけちゃったんですが、これ必要だったかな・・・?

FF11201806022207.jpg

自分のHPが減っていたらビベイシャス。数百しか回復してないんだけどね!w

b6c11452-5d59-46ba-b6b1-c019f677b1a1.png

ソロの時じゃ絶対見られないものすごい数のバフデバフに怖くなりながらも
とにかくこいつにずっと殴られなきゃ・・・と考えていました。この時思っていたのは、
アビとか魔法使うとその間殴れないからなかなかTP貯まらないなーって事でしたね・・・
まぁ私の場合貯まってもミスるからね・・・・

戦局が大きく変わったのがこの直後でした。

FF112018060222202113.jpg

敵が飛び上がり、ドスンとその場に着地するモーションが入った後、急に自分がどこかに移動させられたんですね。
吹き飛ばしとかじゃなく、移動したって感じ。

え?なにこれ。どういうこと!?

そう思っているとタゲが他のアタッカーさんに移ってしまい、慌ててフラッシュだのフォイルだのするも取り返せない。
そうこうしてるうちに白魔道士がめっちゃ殴られてるアァァアアアアーーーッ
挑発するも取り返せず、こうなるともう何もできなくて慌てるしかないぐだぐだ魔導剣士。
しかし慌てている間、Neakめっちゃメテオ詠唱しまくってる/(^o^)\
よく見るとメテオだけじゃなくウォタガとかも合間に詠唱してて、しかも結構早いスピード。
タゲは戻ってこない。もう私にはどうする事もできない。必死にケアルしてるタルタルの白魔道士さんに
“ほんとにごめんほんとにごめんぇぇぇfldskkj”と心で思いながら

FF11201806022235123132.jpg

050ee0e5-5a71-4078-a391-a0d3ed573c09.png

とりあえずオドの力解放しといた。

効果があったのかはわかりません(キリッ でも、この後用語辞典で読んだらワンフォアオールと組み合わせるとよいってあるんですね。
あー・・・もうね・・・みんな範囲魔法でダメージ食らいまくってるのに自分だけなんかHPMAXでピンピンしててね!
(ログを見ていると白さんからヒール沢山もらってました; 盾やれてないのごめんなさいぃぃいい)

FF112018706022254.jpg

途中誰か死んでいたのですがアタッカー陣の猛攻で倒し切る事が出来ました。
盾の仕事できてなくて涙目でしたが、誰も何も言わなかった。

FF112018060223012121.jpg

2回目。
開始前にブリンクとかアクアベールとか思いつく限りの強化魔法をかけてからスタート。
そしてなんとなくウンダ。
やはり先輩たちは特に何も言ってこなかったので、このままタゲを維持するような動きでいこうと考える。
そしてさっきのようにタゲが剥がれてしまう事がないよう、使うアビや魔法を闇雲に撃たないよう誓った。
1回目と違って初撃はフラッシュで取りましたっ!

FF11201806022320.jpg

とりあえずのレゾルーションも一応(/ω\)

FF11201803022337.jpg

この回はメテオの合間にウォタガをぶち込んでくる回数がとても多かったんですが、
ウンダ選んだ謎の魔導剣士で本当にね・・・w こういうのをみてスルポールとかに変える事が出来るようになりたい。
(風水さんの軽減?とかも入っていると思われるので、ウォタガくらったところでダメージは0なんですが;)

FF112018060223434654.jpg

約5分の戦闘時間の間、1回もタゲ剥がされないで盾っぽい事できた!めっちゃ嬉しかったよ~
戦利品からも胴装備が出て、皆さんに見守られながらロットイン。

今度はモグハで、モーグリに見守られながら全身着替えてみる・・・

FF11201806022354.jpg

FF11201806022359.jpg

なんか平気で人を蹴り上げそうな雰囲気を感じます・・・凄くお腹のあたりセクシー!
私エル♀の立ち姿がとても好きで、腰~太ももの部分?このライン最高!

FF11201806030002263454.jpg

腰のくびれ~太ももだな。むっちゃスタイルいいですよねぇ。自キャラ愛爆発しそう。
(この後オグメ沼へどっぷり浸からせていただきました\(^o^)/)




醴泉島での戦闘を終えた後、私にとってとても嬉しい事がありました。

割と本気で挑まなくてはいけない集団戦闘が初めてで、最初はもうおたおたしていたけど、
“この機会逃したらたぶんマジな戦闘いつできるかわからへん!”って思っちゃったのもあり
勝手に魔導剣士の動きの練習をし始めた自分。(誰も何も言わないのをいい事にw)
戦闘の後、それとなくやおきんにどうだったかを尋ねてみると真面目にきちんと答えてくれました。
その中で盾としての動きができていたって、褒めてもらえたんです。中の人PC前でキャーって喜びましたw
メイン盾さんに褒められるのは素直に嬉しい。魔導剣士やっててよかった~・・・としみじみ思いました。
惜しむらくは戦闘の直後までは動画撮影してたのに、この会話の部分録画してなくて永久保存できなかった事だなうん。
でもまぁいっか。私にとって1番嬉しかった瞬間のスクショは動画と共にキチンと保管できているから。

あれを超える感動はきっと、きっとない。

・・・いや、あれを超える感動をエピオラトリーで手に入れたいって思わなくてはいけないですね。
こうして少しずつ強くなっていけばいい。時間はかかってもきっと、きっと・・・!

FF1120180603101546854.jpg

相変わらず長いエントリーになりましたが、ここまで読んでくださった方はお疲れ様でした(ぉい
ちょっと前回の終わりからつながる話としては着地点が微妙に違うのですが(長い事あたためすぎたせいだと思います。
そのせいで前回の終わりに考えていた内容と差異があって、なんだか自分の書く力が不足してて辛い;
しかし違いはあれど、思う事を書けた部分では変わりないので公開します。)
これ、1年前の話なんですよねん・・・醴泉島で必死に敵叩いてたのこれ1年前の話なんですよっ・・・
そして他のエントリーをご覧になって下さってる方ならわかると思うのですが、現在5か月11にログインしてません。
1月末に零式が新しく実装されたのもあって、14での活動をメインにして動いていたからなのですが
昨日ようやく課金再開したので、このエントリーをアップしたらさっそく5か月分のダウンロード行ってきますwww

なんとなく心の中で、これきちんと書いてからじゃないとログインしたくないな・・・ここ数か月そう思っていたので頑張った。
14でやおきんにうっかりログインするーって言ったのもあるしね!
14へ息抜きに遊びに来ているやおきんの姿を見ていたら、自分がヴァナに遊びに行きたくてしょうがなくなってしまった(笑)
思ったより長くかかってしまったけど、再びようやく始動です(-∀-)
次回は未定。タイトルすら決まっていません。その理由も次回に書こうと思います。

・・・これだと平気でまた1年とかこいつ放置するんじゃね・・・?と思われ兼ねないので少しだけ書くと
休んでいる期間が無駄に長かったせいで進捗が追い付いてしまっている。状態になります><;
もはや歩くところからのリハビリかもしれないExcelinaの中の人ですが、たぶんそう遠くないうちには次回を書けると思います。
スポンサーサイト



Lucille(Excelina)

コメントありがとうございます!

> 見てますよ!
> 一年以上前の話しにさらに数カ月後にレスではもう記憶の彼方かもしれませんが

記憶の彼方ではないです大丈夫です!!むしろ丁寧にありがとうございますw

> タゲとって範囲魔法のピンチにサブタは魔剣盾の動きです!
> ワンフォアオールでも防げますね。

オディリックサブタの特性のみ理解していたのですが、果たしてどこで使うのが効果的なのかまで正直全く理解しておらず……
ワンフォアオールに関しては完全に失念していました(ぉい
改めて用語辞典を確認したのですが神アビすぎる!

> 攻撃が当たらないのを悩んでそうですが
> 盾ジョブは防御の装備が多くなるので基本そのままでは雑魚にも当たりづらいです。

世の魔導剣士の先輩方は、どうやって命中を確保しているのか?ずっと気になっていました。
というか、そのままだとプロ剣士でも当たらないものなのですね……!
自分が全く装備を揃えてないから。という理由だけだと思っていたので考えを改めます。
今後はまず限定的にしか使わない攻撃寄りではなく、盾役を意識した防御重視の装備を最優先に収集していこうと思います。
> レイクガンビで精霊、連携ダメージアップのサポート、がまず基本になると思います

お恥ずかしい話、この辺りがイマイチよくわかっていません(´;ω;`)
連携に絡むジョブだったの!?みたいな。
どのタイミングでアビリティ合わせていくかはおそらくパーティー構成で全く違うと思うので
いつか来るだろう集団戦闘時にピヨピヨしないように今のうちから勉強しておこうと思います。ありがとうございますm(._.)m

> 次回作お願いします!

現在14の方でエンドコンテンツをやっており、11は休止に近い形をとっています。
しかし、ログインしたらこれをやる。と決めていることがあるのでそれを次回分に書こうと考えています~!

2018.07.27 Fri 09:42
デイ

見てますよ!
一年以上前の話しにさらに数カ月後にレスではもう記憶の彼方かもしれませんが

タゲとって範囲魔法のピンチにサブタは魔剣盾の動きです!
ワンフォアオールでも防げますね。

攻撃が当たらないのを悩んでそうですが
盾ジョブは防御の装備が多くなるので基本そのままでは雑魚にも当たりづらいです。
全部攻撃用にすれば当たりますが、盾としては柔らかくやられやすくなるので、攻撃寄せにしやすい魔剣でも、それを選択するのは限られた時のみです。

PT戦での魔剣は、フラッシュフォイルでタゲを維持、ファラスキンブリンクバットぅたなどで極力被ダメージを抑える
レイクガンビで精霊、連携ダメージアップのサポート、がまず基本になると思います
次回作お願いします!

2018.07.25 Wed 19:04