前編(#1~#8)【目次】

FF112017012707251wertyui.png

だんだん回数が増えてきて、以前の話を読み返す際 手間がかかるようになってきたので、
目次のページを作ってみました。完全に自分用ですw

#1から順にリンクを置いておきます。
#8を書いている今の時点(2017/12)で、全くエピオラトリーにかすりもしていない状態なので
ヴァナ・ディールが終焉を迎える日が先か、エピオラトリーを両手に握りしめ
本物のデミディエーションを繰り出すことができるのが先か・・・自分でもよくわからないです/(^o^)\


それでもマイペースに1つずつ進んでいます。
私が 魔導剣士としてエピオラトリーを作りたい と願った時からの過程を
1番大事にして書き綴っているので、進行も遅いし書き上げるのも若干遅めです。
普段はAsuraサーバーで暗躍?していますが、どこかで見かけるような事がありましたら、
生暖かい目で見守っていただけると嬉しいです・・・!



※画像をクリックしてもらうと、該当する記事へ飛びます。

BeFunky Design

記念すべき?第1回目のエントリー。FF11をプレイしていない人がうっかりこの記事を読んだ時に
“この人は何をしようとしているのか?”という事が伝わるといいな・・・と思いながら、書いています。
ひたすら長い解説になっているので、読んでいると疲れてくる。

FF1120171209173122152.jpg

#1で長々と書いているくせに、説明できなかった部分をやはり長々と書いています。
魔導剣士専用両手剣・エピオラトリーというものはヴァナ・ディールにおいてどの立ち位置にいるのか。
それを書きたいがために、あまり理解していない武器の仕様に関しても書き始める・・・
のちにこれが、自らの首を絞める事態に陥る事は想像もしていなかった。

jfhdthth545454ef5e45e4.jpg

ようやく、エピオラトリーはどうやって作るのか?という、実践編に関しての内容をまとめ始める。
おそらくエルゴンウェポン作成を決めた方たち全てが思う1番の障壁・・・全ワークス評価レジェンド達成。
まずはこれの達成を目指す!と書いています。
そしてこの時点の所持金も暴露していますが、現在(2017/12)所持金合計2,700万Gくらいです。

jfhdththgdgtdr.jpg

エルゴンウェポンを作るためには、前述したワークス評価の件以外にも色々な事を要求されます。
その1つが指定コンテンツのクリア・・・。これは、ソロでは達成できないパーティコンテンツも含まれています。
そもそも何も持っていない私は、パーティでの戦闘に耐えうる魔導剣士装備を整えるところから始めなくてはなりませんでした。

FF1110141512345454598421214444444.jpg

自分で言うのもなんですが、とても難産なエントリーでした。
一度アップはしたものの“これじゃないな”と感じ、ほぼすべて1から書き直しているからです。
この記事を書いた頃くらいから、“11と14は同じジョブがあるし、AFも3種類出揃うわけだから
11&14AF合わせとかしてみたいなぁ~”
と思うようになりました。
そう、いただいているコメントで昔の盾は着替えなかったと聞いて、
心の底から「今もwww今もwww着替えたくないwww」と思った出来損ないな私でした。(ぉい

FF112018451236369854122.jpg

魔導剣士のレリック装束で、性能も申し分ない(私にとっては最終装備になる)フサルクコート。
これを実戦で使えるレベルにするには強化が必要でした。
装備に無頓着な私でしたが、あることをきっかけに重い腰をあげる事に。
15年稼働しているゲームというものの恐ろしさをこの時味わう事になりましたが、無事完成。
私にとっては初めての着替え装備。完成した時はとても嬉しかったです。

FF112018011256323322230.jpg

魔導剣士は両手剣を背負い戦う事を想定されている盾ジョブです。
そして両手武器にはグリップも装備できます。
数あるグリップの1つ、リファイグリップ。盾役をする為にとてもよい性能のついたこのグリップを
落としてくれるVosoちゃん目当てに、オンゾゾの迷宮へ行きました。
このオンゾゾの迷宮はあの片手棍が有名だと思いますが、元々黒魔道士メインだった私にとっては
モルダバイトピアスの場所というイメージの方が強かった。
でも今はリファイグリップだわ・・・何回通ったんだろう・・・?ほぼ毛皮剥ぎの記録です(/ω\)

FF11201801122021212145132121020.jpg

今(2022/5/13)でも現役で使っているヘルクリア装備は、
当時所属していたLSの皆さんのおかげで全てを揃える事ができました。
最後の方にも書いてあるのですが、盾ジョブをメインにしているやおきんに
立ち回りを褒めてもらえたのが本当に嬉しくって内心ドヤァしていたな、って今でも思い出せます(笑)
お世辞だってわかってますけど!ww




《追記》
このエントリーは2017年の12月頃から少しずつ書いて、公開の準備をしていたようです。
(まるで他人事ですがたまたま未公開の記事に埋もれていたのを数日前に発見しましたw
#8の記事解説だけ書いておらず、今更ですがその部分だけ追加してあとは当時のままです。)

多くなってきた記事を自分で読み返す際見やすいようにと思ったみたいですが
今後増えていく#9~は、後編として書いていこうと思います。
しかしこれ、当時PCに画像加工ソフトを入れていなかったのでペイントで頑張って書いてましたね!w
(昔illustratorの廉価版みたいなやつがあってそれで作ろうと思っていたのですが、
別PCにインストールしていたので諦めたんだったな、という事を思い出した。)

後編の【目次】も#9を公開できる準備が整った時点で同時にアップしていく予定です。
過去の日付のままこの前編の【目次】はアップしますが、
アナウンスもしてないのにうっかりこのページに気づいて、ここまで読んでくれた人の為に(笑)
ちょっとした今後の予定を書いておこうと思います。
長々としたエントリーが多いのに、めげずに読んでくれてありがとうございます。

昨年秋に本格的にヴァナに戻ってきてマイペースに遊びつつも、
エピオラトリーを作る事は忘れていなかったので(あたりまえですがw)地道に進めています。
記念すべき20周年には間に合わなかったのですが(その辺りの事情も追々書いていこうと思ってます。)
元々間に合わせるように作りたい!とか思ってもおらず、何度も書いていますがマイペースにやる。
というのがエピオラトリーに関しての私の信条なのできっちり守っていて私すごいね!って思ってます(笑)
#9の公開は早ければ今月中、遅くても来月にと考えています。
もしよろしければ、“こいつ本当に作る気あるのかな?”という部分も含めて見届けてもらえると嬉しいです。
スポンサーサイト