再び次元の狭間へ零式シグマ日記epi.4【お調子者の末路】(FF14)

ffxiv_20180203_204737.jpg

なんでこんなところで死んでいるのかわからない画像(白目

ffxiv_20180203_194213.jpg

1層をクリアしたのが2月3日の明け方。その日の夜。
軽く予習を済ませ、ログインして募集を見たらよさそうなところがあった。
入ってみると戦士さんがデルタ編4層で何度かご一緒した事のあるフレンドさんだった。
tellで挨拶しがてら、一緒に遊べる事をとても嬉しく思いました。
直感的に“このPTは楽しくなりそうだな”というのを感じていました。
なぜならばこの戦士さんはとてもユニークな人だからです・・・!お喋り多めで凄く雰囲気イイんですよね。
九官鳥みたいな私にとって、お喋り多めのパーティは本当に嬉しい。

そう、このパーティまではそう思っていたんです・・・来週まさかあんな結末になるとは
私自身何一つ考えていませんでした。


shjkdhghvkudhjdhsku.jpg

・・・その事は順を追って書くとして、まずはこのパーティの話、ですね!
ちなみに2セット目の3トライで撃破しました(*^_^*)

ffxiv_20180203_204017.jpg

パーティ構成はこちら。募集主は学者さん。ひとことで言うとマジ天使でした
あまり詳しく覚えていませんが、遠隔さんと戦士さん、学者さん4人がおそらく身内でいらしてたと思います。
サーバーが私と同じgungnirですが、他サーバーの方から見れば白も身内と思ったかもしれませんね・・・!

ちょっと楽しくない事を書くのですが、身内で固めて募集をかけるパーティによくあるのが、
野良の問いかけに反応しないという事。これは何度も経験していますが、ソロ野良専門の私としては少しだけ寂しい。
どのパーティだってマクロを流して じゃあこの通りにな! という感じで間違いはないのですが
(あとは自分の持てる力を出し切るだけですもんねw)
何かあったときの反応が(たとえばミスのごめんなさいとか)身内の時のみ。っていうのがあると、ちょびっと悲しいかな。
身内で来ている方たちはボイスチャットか別のチャットを使ってみえる事もあるので
パーティチャットに反応できない事もあると思うし致し方ないのですが・・・
私は九官鳥なので(白目 どんな事にもほぼ反応しますw せっかくのコミュニケーションツールなので、
一期一会と言えども言葉を交わすのは貴重な経験だと思っています。
無言のままだとミスが続いたとき空気が重くなるし、そんな中でプレイしてもいいパフォーマンスが発揮できない気がしていて。
私の勝手な考え方なのですが、可能な限り一言二言はやはり発していきたい。

このパーティでは終始和やかな雰囲気で、募集主の学者さんが積極的に声掛けをして下さり、
戦士さんのカラッとした性格もあって、ミスをしても誰も委縮する事無く次につなげよう!と
全員ヤル気に満ちていました。わからない事を質問すると、的確に答えてくれる主催の学者さんは
当たり前ですが非常に上手な学者さんでした; 私死ぬほど助けられた・・・

FF1420180210191565542.jpg

零式2層は、黄桃青黒の4色の絵の具を対応の箇所に塗る事で、敵が放つ特殊攻撃を防ぎつつボスを殴る。
という流れで最後までいきます。そこにランダム性はなく、1本道です。
何度もリスタートをしながら少しずつ進み、この時はこうしてあの時はこうなって~と
チャットで都度すり合わせる感じで進めていきました。なので本当に面白かった。

私は黄色の絵の具担当だった為、このスクショでは絵の具を筆に足しに行ってますね。

FF142018022121245123321.jpg

そして他の方と唯一違う役割は岩石を出現させるだけ、なのですが・・・(戦闘中2度ほどある)
あとは3回くらい?ヒーラーの片方と線に繋がれたゴースト(視線を向けていると立ち止まってくれて、そっぽ向いてると近寄ってくるヤツ)を
処理すギミックがあるので、それもやります。これは視線を向けていると恐慌(魅了だったかも?)になっちゃうギミックと同時にくるので
しかもいやらしい事に、線でつながれたゴーストの方角と同じところに出てくるので・・・!
うまいことかわしながら戦闘を進めていきます。(ミスっても致命傷になるのはゴーストを至近距離に寄せた時だけなので
最悪視線技をうまく処理できなくても、死なない事を念頭においてやるのがベストだと思っています。)

さて。この初クリアパーティは野良にも拘わらず最後までずっと空気がよく、遊んでいてもとても楽しかった!
楽しい事だけしか覚えていなくて、肝心のギミック処理(&タイムライン)を翌週すっかり忘れてしまったのが
次に訪れる最大の試練の発端になったのはいうまでもありません(涙

今思い出してもギュッと心臓が掴まれる感じなのですが、それでもまだ戦闘の意欲を萎えさせることなく
今も果敢に零式というエンドコンテンツに挑み続けています。
あの体験が私の中で色々なものを変える良いターニングポイントになったのは言うまでもありませんが
その話はじっくり書きたいので、また別の時にでも・・・!

次回は3層の話を書きたいと思います\(^o^)/ ちなみに昨日の夜クリアしてきましたよーっ!
スポンサーサイト