再び次元の狭間へ(零式シグマ日記)epi.7【何から伝えればいいのか】(FF14)

ffxiv_20180226_015841.jpg

わからないまま時が流れていくのは東京ラブストーリーですが(唐突)
そういえば少し前に(数年前?)東京ラブストーリー(フジテレビ系列の大昔やってたドラマです。)の
後日談的話が雑誌で連載されていて。これ面白かったです。本編をほぼ知らない自分でもきちんと読めた。
私は男女の機微に非常に疎いのですが、ああいうマンガを読んでもきちんと展開にドキドキできて楽しかったですね~

そんなことふいに思い出しながらの14シグマ日記、書いておきます!

ffxiv_20180226_015846.jpg

何やってるの?というと、クルザスでスプルース原木を刈りたくて、そこにいるついでに募集かけてました(逆です)

ffxiv_20180226_015809.jpg

これ、もう2週間くらい同じ事をしているのですが(爆 
でも少しずつ自分の気持ちに合う内容に改変しつつ、やはり同じの出してます・・・(/ω\)
時間も時間だったので、集中したい!という気持ちも含めご飯1個分チャレンジ。これは30分を意味します。

すると今回初体験が。

ffxiv_20180226_021019.png

なんだただの神か。戯れに遊んでくださるという(違
この方は戦士さんで、ヘルプで入ってきて下さったんですね。非常に助かりました;
同じサーバーではないですし、ご飯代も薬品代も出せないのを承知で来てくださっているので
私のやる気スイッチはカチカチカチカチカチカチと超連打モード。
こういう春を愛するような人(四季の歌)が来てくれてる以上、いつもよりもっともっとがんばらねば・・・!と強く思いました。

ffxiv_20180226_021756.jpg

ほどなく集まったので、主催の時はだいたい言いたい事を開幕に言ってマクロ流してレディチェックに
RFでゴー!という流れ。無駄にテンション高い時もあるけど今日は少し緊張してたので至って真面目に。

ffxiv_20180225_041641.jpg

Lucille(本気モード)の近影。 自キャラが大好きエレゼン大好きの私にとって、彼女は癒しです。
中の人は親心みたいなものを持っていて、設定的には20代後半なので(笑) そろそろ彼女に結婚相手を・・・
とか妄想してる時が1番楽しいですね、最近はw 叶わない事考えてる時が絶対一番面白いよねw

肝心の戦闘。ちなみに緊張してた理由は、ご飯1個分しか戦闘時間がないので(4回できました)
絶対ミスれないという思いからの緊張。ドキドキしながらプレイできた30分間でした。

FF14201802260422.jpg

全ての回で60%時間切れ。最後かな。序盤召喚さんがふわっと即死した回があったんですが、それでも60%。
火力の高い安定したパーティだったんだと思います。あともう少し私が石投げをできていれば・・・

でも後悔してもしょうがないですし、後悔しないようにできた時もあったので、自分のスキルを上げる事に
これからも注力していこうと考えています。
いいパーティを組めて遊ぶ事ができて、よかったな。
(予想だけど、あまりにも安定していたので本来の目的でこのパーティにいたのは私とナイトさんと
DPSさん1人くらいかなー?と途中で思った。)
スポンサーサイト