再び次元の狭間へ(零式シグマ日記)epi.8【どうしてそんなこというの】(FF14)

昨日。
朝食を食べながらテレビを見ていたら、平昌五輪閉会式の様子が映っていたんですね。
テレビの中のレポーターさんが「17日間の激闘を終えた選手たちの(以下略)」と言い出した瞬間、
「17日間!?オリンピック17日間やってたの!?私4層練習開始したの14日前なんだけど!?」
と妙な事を口走っていました。日の丸背負って必死に頑張ってくれていた選手たちを思うと、
「私の14日間って一体・・・w」と思わざるを得ませんが(一般市民でごめん
私も17日目には目標を達成することができているかなぁー? と思いながら懲りもせず募集を出すのでありました。

ffxiv_20180211_054952.jpg

今は色々忙しくしていてほとんど寄り付かないんだけど、FCハウス内の自室に置いてあるお人形さんたち。
シェアハウスしてくれてるレナさんのL家にはもっともっと多く置いてありますが(ぉい
また暇見つけてコツコツ作りたいな~ 青い子がカルコ。赤い子がブリーナですね。
アナンタのお人形さんも添えてますw




いつもこんなPTだったよ、あんなPTだったよと書く事が多いのですが
(最近は4層の練習を自分でたてる事も多くて、その事に関しての話が多いですね)
ちょっと前(2週間以上前です)にあったパーティの話を書いておこうと思います。
でもいつもと違う雰囲気の内容なので、お読みになる際はお気を付けください。




ffxiv_20180211_181931.jpg

3層をクリアした日。そのクリアしたパーティの1つ前に入っていたパーティ。
なかなか超えられなくて毎日まんじりともせず過ごしていた中で、とてもガチだなぁと思って見つけたパーティでした。
ギミックの自信はあるし装備はall350。禁断も4か所以上(マテリガ刺さってる所もあるにはあるのですが・・・!)
ご飯だっておでんHQ持ってるし! という事で入りました。

ffxiv_20180211_182506.jpg

私が入った時点では主催の召喚さん含め3人。徐々に人も増えてきて、忍者さんが入ってみえました。
すると入った瞬間に学者さんが「JPオンリーのパーティでしたよね?」と主催に確認を促すような発言をされました。
すると忍者さんは(確かにE表記の人でしたが、上のチャット欄を見る限り英語は一切使用されず、
よろしくですは日本語。その次にtabでこんにちはと挨拶してみえます)日本語分かります、とおっしゃった。
その直後、

主催「ポプテピピック知ってますか?」

えっ━━━━(゚д゚;)━━━━!!

なぜいきなりその単語が出たのかわかりかねますが、特別攻略に必要な内容ではないですし、
主催さんがただ忍者さんと最新アニメについて語り合いたかった・・・?んなわけないんだけど、

ffxiv_20180211_183757.jpg

それはどういう意味ですか?と尋ねる忍者さん。主催の「日本語どれくらい話せますか?」
がほぼ同時にチャット欄に表示される。
固唾を飲んで見守っている私。するとログに 忍者がパーティを離脱したの 表示が出る。
主催さんは「抜けたw」と仰っていました。てっきりおたくが蹴ったのかと思ったよ。

この時点で、正直色々思う事がありました。
忍者さんは日本語をわかると言って英語を一切使用しなかった。
私はJPONLYっていうのは、日本人限定。という意味ではなく、JP Speakers Onlyだと思っています。
おそらく忍者さんもそう認識されて入ってきたのではないか?と思います。
しかしこのパーティではどうやらそうではなさそうでした。
E言語を母国語としているとわかるやいなやいきなり日本語会話度チェック。
ちなみにチャットでは途切れていますが、ポプテピピック知っていますか?という謎の質問の後に
忍者さんは「私は1%経験しています」と日本語で言っていたよ。
一番疑問だったのが、日本語で意思疎通を図ろうとする人に対し、どれくらい喋れるかというのは重要なのだろうか?
「それは重要だよ!だって攻略をする時日本語の理解度が低いとわかってもらえなくて詰む!」なぁんて思うかもだけど

そもそも!

経験上、9割近くのパーティは会話なんてありません。全員日本人でも会話なんてほぼないのです。
PT入る「よろしくお願いします」集まったら主催がおもむろにマクロ流す。みんな自分の位置だけ宣言する。
RFで入場する。戦闘始まる。上手くいかない事が続いても「ごめんなさい」「どんまい」(どんまいない方が多いよ)
特にこれは練習ではなく、コンプリート目的です。練習じゃないからみんな一通りできて当たり前のパーティなので、
余計会話なんて出てきません。そんな状態のパーティが多いのに、会話力って重要になるのかしら・・・?
私は少しもやもやしていました。もちろんこの主催さんとは初めてお会いしますし、凄くお喋りな人なのかもしれない。
募集は主催さんの判断・意見が絶対です。だからこうなったとしても文句なんてありません。
でも忍者さんが必死に日本語のみで会話を続けようとした姿を見ていて、
「マクロさえ読めてきちんと動けるなら大丈夫じゃないですかね?」くらい、私は自分の意見として
言うべきだったのではないか・・・?そう思ってもやもやしてしまいました。

しかし私のもやもやは、次の一言でサーッと消え去ります。

タンク「自分の両脚装備340だけど、右の装備(アクセ系)は禁断してるからいいよね?」

忍者さんとのやり取りを黙ってみてた私と同じメンツの1人ではありましたが、正直驚きました。
主催が少しの間を置いた後「いいよ~」と返事した瞬間に15秒考えた私は

ffxiv_20180211_185221.jpg

そのパーティを抜けました。

だってなんかおかしいと思ったから。
E言語の忍者さんを「JPONLYにEが来てる!」と騒ぎ立てて(失礼な言い方ですがw)日本語しか喋らなかったのに
会話力を問い詰め結局は抜けさせた。

ffxiv_20180211_1819311.jpg

忍者さんを募集条件に満たないと思って学者さんは進言したわけだし、主催もそれを確認した。
しかしこのパーティには、IL340まじりの人はお断りときちんと書かれている。
タンクさんはJ言語設定で、これを読める日本人のはずなのにパーティに入ってきた時点で正直どうなの?となるわけだ。
忍者さんとのやり取りの後っていうタイミングもぶっちゃけ え? と思いました。
忍者さんの件がなかったら、あなた黙ってるつもりだった?と思われてもしょうがないよね(少なくとも私はそう思った)

極めつけは、忍者さんが入った瞬間に「先生!この人Eです!募集内容と違いませんか?」と言った学者が
このタンクの発言には知らんぷりだったんですね。(同じサーバー同士ではありませんでした)
なんで?さっきみたく真っ先に「違いますよね?」って言わないのなんかおかしくない?

必死に日本語で会話してた忍者はダメで、募集内容平気で破って後出しする日本人はokとか
私はどうしても受け付けなかった。悲しくなった。どちらもokじゃあかんのか?

募集要項って何のためにあるんだろう?っていう事も思った。
たとえばこの場合、タンクは入る前に主催に確認すべきだと感じた。
自分の装備は自分が一番よくわかってるので、まさか入った後に両脚340だったわ忘れてた!なぁんて事はありえないでしょ?
パーティに入る前に主催にtellで「すみません、装備の事情でこういう事なんですが
入ってもいいですか?」と伺ってから入っているならば、主催は タンクはIL340装備× は消さなければいけないし
結局このままでは募集詐欺になってしまう。(私が抜けた後もこのままで募集されてましたが・・・)

そもそもこの部分は守って欲しいから書いたんじゃないの?事情が違うようになったので変更するのは別にいいさ。
でもそれなら、きちんと文章は変えるべきだと思うし、主催なら気をつけるべきだと思う。

私は抜けた後、別のパーティに入ってそのパーティで念願の3層をクリアしました。
はっきり言って抜けて良かったと思ってるし、自分が主催するパーティではこんな事起きないように
気を付けようといういい経験になりました。

キツいこと書くけど、14の野良レイドパーティなんて本当に集まってくれただけでありがたいんです。
そんなに盛り上がってないから。(あくまでも一個人の意見です)
零式やってくれてありがとう!今私の募集見てくれて、貴重な時間割いて入ってきてくれてありがとう。
少なくとも私はそう思いながら募集を出している。
だから私が主催するパーティに関しては、クリアしたい、その部分の練習をしたい!という気持ちが1番に変わりないのですが
それと同じくらい、このパーティで練習できてよかったな。そう感じてもらいたい。

ほんの少しの間だけしか一緒にいないから別に・・・って意見ももちろんアリだと思う。

気を遣うのは主催だけでいいんです。参加してくれた人たちができるだけ心地よく練習出来て、
よし次の段階に行けるな。という手ごたえを個人個人で感じてもらって繋げてもらえればそれでいい。自分もそうだもん。

どーしてこんなに暑苦しく今更言うのかというと、昨日出したパーティ。

ffxiv_20180226_013615.jpg

正確に言うとこれ昨日のじゃないんですが、ここ数日は同じような事しか書いてないから載せる。
こんな感じで出してた募集に集まってくれたんですね。平日真昼間の募集でした。
集まるのにそれなりに時間かかったし、集まってくれた人に感謝しながら毎回始める。

けれども、とあるジョブの人だけ序盤からミスを連発する。ミスってもどんまい!は言うし
私自身は(あまり言いたくないけど)もう慣れてしまって誰がどんなミスしてもそんなに気にならない。気にしてもない。
玄人でもうっかりミスする事はあるし、たまの凡ミスくらいで目くじら立ててもしょうがない。
ただ30分間しかやらないと宣言してるパーティなので、この30分の間に皆の立ち回りが上手く噛みあって
クリアまでもっていけたら・・・そう思いながらやるのみでした。

30分あると4回かな。全ての回で時間切れまでもっていける事前提で言うと4回が限度だったかな
(途中でご飯切れる恐れあるけど)それくらいできるんですが、あと1回はできるなってところで
誰かがギブアップ投票を出したんですね。
募集で30分間やるという内容で出して集まったパーティなのに、ギブアップ投票が申請された。

PC画面前で本当に驚いたよ。もちろん私は、はいを押しました。
これ以上やりたくない人がいるのにNOなんて押せるわけがない。

排出された後とあるメンバーが
「〇〇さん、本当に募集内容までやれてるの?とてもじゃないけどいってるとは思えない。練度が低すぎる」
他のメンバーさんも追随して「クリア目的なのにあまりにもひどい」「30分だから@1回分あったよね?」
みたいな感じの事を言い出しました。おそらくヘルプで入ってくださった方たちなんだと思います。
そして「しかもギブアップ投票なんて・・・」と続いたところで、とにかく私もギブアップに驚いた事、
30分しかやらないという事で集まってもらってて、何かあれば言って欲しいと前もって言ってたこともあり、
できれば言葉で伝えてほしかった旨をチャットしました。ただただ残念だった。
指摘された人は自分のせいでと言い出すし、私はそんな事よりも(失礼ですねスミマセン;)
本来なら苦言を呈す役割も担うはずの自分が、あまりにもできない事に慣れ過ぎてしまって
募集要項に沿わないレベルの人がいても、しょうがないかーって思ってしまってたこと。
別にいいかと心の中で思っちゃってたんですね。

でも、同じ時間を割いて集まってくれてるメンバーに対しての態度としては、最悪でした。

今はネット社会だから、思ってる事口にしたら正論であってもなんであっても相手が気に入らないと
巨大掲示板であることないこと書かれたりする時代。
14だってネットの世界だから、他人にあえていう苦言にはリスクだって伴う。
それ踏まえたうえで、きちんと自分の意見を言ってくれた複数のメンバーさん。
本当に真剣にプレイしてくれてたんだなって思いました。だからこそ出てきた言葉なんだとすぐにわかりました。
それに比べ自分の不甲斐なさ。ずっとずっと何週間も同じ事してて、
“私もうこれクリアできへんかもしれんなぁ”とうっすら感じてしまい行けども行けども
同じことを繰り返すだけの戦闘に、本当はとても疲れていたんですね。

だからこのパーティの時も、ギブアップ出るまで「何も変わらないいつもの事」そうやって思っていた。
でも、私よりももっと真面目に向き合ってやってくれている方たちのおかげで・・・
ある意味ギブアップ出してくれた人のおかげでもあるけど、自分の考えの甘さを見直すいいキッカケになりました。
(ていうかまだまだ全然主催力足りてなさすぎ・・・・)

ギブアップに驚いたのは事実だけど、怒りとかそういうのじゃなくてどうして言葉で言ってくれないの?って感じで。
でも今思えば、言葉で言うのがどうしても苦手な人もいる。特に今回のように不穏な空気になっていたパーティだと。
だから、あの時きちんとパーティに向き合って言いづらい事も積極的に言って下さったメンバーさん。
そして難しいと判断をしてギブアップ投票した誰か。両方に改めてお礼を言いたい気分です。

自分の主催するパーティは、皆が気分よく練習できる、プレイできる環境が1番!と思っているのは
やっぱり今も変わらないけど、多少はできてると思いあがっていた自分が恥ずかしいという話でした;
しかしこれ凄く難しいね・・・w 7人が満足するパーティを作り上げるのは至難の業。

きちんと主催するにはまだまだ足りてない事多いな自分。
でも、申し訳ないんだけどやらないと覚えないしできるようにならないから・・・
なのでまた必要な時がきたらじゃこじゃこ募集だしてると思います。

でも次に似たようなことが起きたら、その時は今回のようにパニックになりつつただ平謝りして
何言ってるのかわからない長文垂れ流して解散します(涙)って言う脳なし主催ではないようにしたいですw
スポンサーサイト