そういえばクリアしていました(FF14)

ffxiv_20181201_210456.jpg

この回ではないのですが、無事【次元の狭間オメガ零式・アルファ編】4層をクリアしました!
クリアしたのは12/2だったかな・・・

ffxiv_20181202_010942.jpg

唯一残されているクリア時のSSを貼り付けておきます。
クリアした時何を一番初めに思ったかというと

あーよかった。

以上。それ以外の感情は特になかったですw とても淡白ですね・・・

今まで零式4層をクリアした時は涙目だったり感動してワーキャー言っている自分がいたのですが
今回は皆無でした。あっさりしていますw 
理由を考えてみると・・・

デルタ編は固定で攻略(4層クリアは野良でした)、シグマ編は野良で(4層クリア時は消化PTにお邪魔させてもらいクリア)
アルファ編で初めて自分の出す募集で全部行き続けクリアだったので、その辺が心情を左右したのではないかと思ってます・・・

シグマではとても沢山の人に支えられ、その後縁あってフレンドになり、今もなお交流を続けてくれているフレンドさんがいますが
アルファでも沢山の人が私の出す募集に来て下さって、支えられてクリアする事が叶いました。
最後の方は、共にクリアを目指し3人での半固定で通い続けましたが、1人だったらきっと心が折れていたかもしれない・・・
今回のアルファでも、ご縁があってフレンド登録させてもらった方が何人もいるので
今後はそういうつながりを大事にして、エオルゼアで過ごしていけたらいいなって思っています。

実はクリアした事よりも、5年続けているゲームで新たなつながりを持ち遊んでいける事が1番嬉しかったりします。

初めて入った固定であまり良い経験をしなかったので(でも今思えば、皆さん気遣ってくれてたんだなって感じますね・・・
当時そういう事何もわかっていなかった。思い返すと、もっとやり方があったって感じてます)
固定というものに懐疑的な目を向けていた時期もありますが、それを払しょくすることができたのは絶固定です。
よくある、固定がいいか野良がいいかの論争も、正直言ってどちらも良い。どちらも経験した私はそう思っています。

性格的に1つの所に留まっていられないタイプの人間ですが、
楽しそうだな、面白そうだな、いいなぁと思った事にはどんどん突き進んでいくので
これからもその冒険心を忘れないように遊んでいきたいと思います。
以下関係ない駄文が続きます('Д')b




先日、金メダリストさんの講演会があったので参加してきました。初めて見る金メダルは鈍く輝いていましたが、
触れるとサラサラした手触りで横にいた人が「ご利益~」とか言ってるの聞いてちょっと笑ってしまいましたw

この講演会で語っていた事で忘れられない事が1つあります。

メダリストは故障で結果を出せなかった時期、幼いころからの夢だった金メダルを取る事を諦めてしまい
コーチと何度も何度も「もう辞めたい」「辞めさせてくれ」と話し合っていたそうです。
しかしそのたびに「そんな事どうでもいいから早く練習してこい」と言われていたらしいですw
そんな状態の中で迎えた世界大会で。
もうこれでもかって思うくらい本気出してご本人はやっているわけですが、終わった後に自身のその姿をリプレイで見た時。
「私まだやれるんじゃない?もっといけるんじゃない?」そう思ったらしいです。
本気出して頑張ってるはずの姿なんですが、それを見て自分でまだやれるんちゃう?って感じたんですね。
満足しなかったわけです。
そこから変わったと仰っていました。故障して自分のパフォーマンスが落ちていても、やれる事できる事はないか。
今までやりたくないなって思っていた事はないか?何でも積極的にやったと仰っていました。

将来を嘱望され、色んな人から期待の目を向けられ続け、でも期待通りの結果を残せない事に苦悩して
重圧で逃げたいと思った。自分には無理だと思った。

なんかその話して下さってる時、凡人の私ですがうるっときちゃいましたね・・・
人の何倍も何十倍も努力してるに決まってるし、もちろん自分の為に金メダルは目指しているけれど
その姿を見て応援してくれる人の為にも、こんな姿のままではいけないって事なんでしょうね。
(ご本人も、情けない姿を見せたくないって仰ってました・・・!)

メダリストすげぇって単細胞の私は思いましたが(語彙力~
「この人を応援したい!」って周りの人が思って盛り上げるだけのカリスマを備え、実力を備え、期待にきっちり応える。
やっぱりご本人が1番凄いわ~って感じましたw
(世界の激しい争いに揉まれ活躍していたアスリートとは思えないくらい見た目穏やかそうな女性でしたが・・・)
スポンサーサイト