果てしない夢を【後編】(FF14)

ffxiv_20190516_074457_092.jpg

※前回の続きになっています
終わり方があまり綺麗ではなかったと感じたので、少しの間その事ばかり考えていました。
この時期ちょうど改元フィーバーでしたが私の気持ちはあまり晴れず
“これからどうしようかな”そればかり考えていました。
そして、絶バハムートに興味があってクリアしたいから始めましたが“もういいかな…”
という気持ちも同時に沸き上がっていました。

私は器用ではないので、何かに集中しているときは別の事を同時進行するのが極端に苦手です。
なので他のやりたい事を後回しにして絶を攻略していました。(アルテマの時もそうでした)
絶をやめれば、後回しにしていた事ができる。悪いことばかりではないんだ…そう気持ちが揺らいでいました。

約1ヶ月間の絶バハ攻略をゆっくり思い出していると、頭に浮かんできたのは
時間をかけて予習復習をして初めてギミックを成功させた時の事。本当に嬉しかった。

FF1420190608175512.jpg

私のカンペです(*^_^*) 攻略中はPCの前にこれを左側から進行順に置いて慣れないうちは毎回チラ見しながらやっていました。
これが全部ではなくてもう何枚かあるのですが、これとは別に自分がミスしたところのみ書き出すノートも1冊用意していて、
その日ミスした部分を書き留めておいて改善が必要な場合はその対処方法をあとから記し
次回の練習前に再度確認するという方法をとっていました。(絶アルテマの時からこうしていました。)
絶に関しては事前の予習がとても重要だと思っているので、写真に写っているカンペに関しては
前の固定の時点でプライムフェーズまでは全て準備していました。

私は動画を見て自分なりに解釈し、納得してからノートに書き込む感じで座学を進めますが
書かないと覚えない&覚えが悪いのでこれにも時間を沢山かけます。
絶バハに関してはフェーズは4種類なのですが、そのうちの1つにかなり細かいギミックが詰め込まれたフェーズがあります。
これを全て覚えなくてはならないのですが、やり方が複数存在するものもあるので
わかりやすい動画がないか、解説がないか探すところから始まります。
こういう作業は結構好きなので苦痛はないのですが、とにかく時間がかかります。
そして時間をかけてきっちり予習復習をしても、ミスるときはミスります(涙)
本当にトライ&エラーの繰り返しで進めていきますが、昨日できなかった事が今日できた時や
苦手なギミックが上手く処理できた時はとても嬉しくてテンションが上がります。
進捗が進むと嬉しいし、仲間のナイスプレーを見ると“私もこんな風にやりたい”と感じ奮起します。

ただ、プレイしていてもわからない事は沢山出てきます。そんな時、前回のエントリーで少し触れさせてもらった
9人目のメンバーさん・・・たまたま私と同じ名前なのですが(笑) るしさん に色々聞いていました。
ギミックの処理に関して、ヒールワークについて。本当に色々「教えてください!」と質問しました。
欠員が出た場合にヘルプで来て下さっていた都合上、るしさんと実際に一緒にプレイできる時は限られていました。
固定の皆さんはとても上手い人ばかりでしたが、るしさんだけは突出していると初めて会った時から思いました。
そしてレイドの経歴を伺って納得しました。(どうしてこんな凄い人が・・・と内心思いましたw)
穏やかで、誰に対しても平等で、とても知識があるのでアドバイスも的確で丁寧に説明してくれる。
攻略中は他のメンバーさんにも沢山助けられましたが、るしさんの存在は別格でした。

この1か月、本当に色んな人に助けられたなぁ・・・

私自身も、足りなかったかもしれないけどできるだけ頑張ってきました。
プレイヤースキルが高くないので、これ以下にならないように。そう思ってやれる事に関してはずっとやってきたつもりでした。
しかし、他の事が原因でいとも簡単に やりたかった事 がやれなくなってしまった。(固定解散の原因は特定の誰かのせいとは考えていません。)
私が圧倒的雑魚で「オメーがいる限りクリア不可能」なんて事・・・あったかもしれないですが・・・
そんな状況だったら絶バハムートの攻略はやめようとスッパリ思えたかもしれません。
(光の戦士優しいので、私にそんな事を言ってくる人は今まで誰もいなかったです;)

何より、こんな性格なので全く自信もなくって。クヨクヨする事多いしすぐにパニくるし
そのたびにフレンドさんにいっぱい話を聞いてもらいました。
攻略に関しては固定の皆さんにお世話になりっぱなしでしたが、精神面ではどれだけフレンドさんに助けてもらったかわからない。
私が絶バハを攻略している事を知っている人たちは、私の事を応援してくれました。
頑張ってクリアするよ!と返事した事を思い出していました。

ffxiv_20190516_080929_126.jpg

まだ見たこともない先のフェーズのギミックの解説を書いた紙を見つめながら。
私はこれをやりたかったんだなって。書いていた時の事を思い出しながらいました。
行けると信じていたから・・・
それが今、叶えられないかもしれない状態になっている。書いていた時にはそんなこと1ミクロンも思ってなかった。
これから練習できるんだ!ワクワクするなぁって思っていたよ。
前回のエントリー内ではというか、ちょっとさすがに記事にするには憚れるなって事も実際あったので(爆
それらも含めて思い返していて。
ああすればよかった、こうすればよかった。ってもしあのときに私がこうしていれば・・・
そういう事をひとしきり思い浮かべていました。今更考えたってどうしようもない事を全部、です。
その中にはもちろん良い事ばかりではなく、負の感情になる事もありました。しんどかった。

全部空のお皿にぶちまけて、1つずつああでもないこうでもないと取捨選択していく感じでしょうか?
その果てに残ったものはたった1つでした。

まだ、私にできる事があるよな。

これだけでした。(つづく)
スポンサーサイト