私はタンクが嫌いだ!⑥【完結編】(FF14)

ffxiv_20201006_232553_200.jpg

ノーマルレイドルーレットの天動編4層率が異常に高い。

ffxiv_20201006_232813_363.jpg

最初こそ動きわからないからサブタンクがいいと思っていた私も、今ではスタンスをONにするのも早い。

たまに様子見でONにした瞬間同時に相手のタンクもONにして、“あー被っちゃったスミマセン;やってくれてありがとう”と
思ってOFFにすると相手も同時にOFFにするという・・・w 
これタンクあるあるらしいですね! 先日初めて遭遇しました。
その瞬間に気が合い過ぎてウレシイんで終わった後MIP入れようってなるよね(ならない?)

ffxiv_20201008_000106_646.jpg

70も後半になった頃からメインシナリオのルーレットは回すのをやめました。
外郭や魔導城が面倒くさいわけではなくて(長いし退屈ではありますが、今回VCしながらプレイしていたので退屈さは一切感じませんでしたが。)
70以降のスキル回しの基礎を少しでも手に馴染ませたかったからです。
・・・しかしそう思って頑張ってはいたのですが・・・結果的には(?)

ffxiv_20201009_003741_544.jpg

ブラナイ焚きたい時にMPがなくって
素知らぬ顔して攻撃を素受けする暗黒騎士がこの世に誕生しました。

パーティメンバーを暗黒面に落とすのが暗黒騎士の仕事なのだろうか?

私にはMPを管理するのはどうやら難しい模様です。まだガンブレのソイルの方が管理楽では?と思う始末。

少し話が遡るのですが、
タンクを上げようと思った時色々逡巡して最終的に声をかけたのは、フレンドのきんちゃんでした。
きんちゃん・・・とすごく馴れ馴れしく書いちゃってますけど(呼んでますけど)
このブログでの初出は実は2018年にさかのぼります。
なぜか学で。(2018/7/06) この記事になりますね。この記事内のスクショに写っているミコッテがきんちゃんです。
死者の宮殿をとむさんとキティさん、そしてきんちゃんと攻略した日が本当に懐かしいです。2年前だなんて!
そして元々きんちゃんはキティさんの古くからの友人で・・・
そうですねいうなれば私にとってやおきんのような存在。というのが近いかなと思っています。
お2人の話を聞いてよく思っていました。

死者の宮殿攻略の後は同じサーバーだしフレンドという事もあって遭遇したら軽くおしゃべりしたり
何かあった時にお手伝いをしたりという関係が続きます。それでもさほど絡む事はありませんでした。
(私はキティさんとはLSを介して親しくさせてもらっているので、そのつながりで近状を知る事はあっても
直接遊ぶわけではなかったのです。)

そんな状況に変化が訪れたのは今年の夏の終わりでした。

固定での4層の攻略をしている際、タンクが1枠空いていたのできんちゃんに声をかけたところ
その次の日も、その次の日も・・・とつい誘ってしまったところからはじまりますw
なかなかタンクって埋まりが遅くって待ち時間も長くなってしまうし、
何よりきんちゃんはすでにタンクで4層をクリアしている人だったので来てくれるだけとてもありがたかった。

その後は私がタンクを上げる直接的なきっかけになったあみだ事変がおき、苦悩している中
“どうしたらタンクの事を理解しながらレベル上げができるだろうか?”
“何かあった時すぐに教えてくれる先生が身近に居たら・・・”と考えるようになり
そこで初めてきんちゃんの事を意識し始めます。あの人メインタンクだったよな、と。

ffxiv_20201009_003823_860.jpg
(※偉そうに505武器交換してきましたけどレイドで出すとは言ってない。)

ただ私の中で1つ思う事があって。1つじゃないんだけどw

レベルを上げてタンクロールを80にするだけであるなら、別に勉強をする必要性は皆無です。
80にするだけなら効率よくさっさと上げていけばいいだけなんで。
毎日ルーレットでもしてれば1か月くらいで80になるだろうしアイテムレベルを下げれば
70や80付近のIDに行かなくても80にしちゃえます。
でもそれではいけないんですね。だってあみだくじで 次回の零式はタンクジョブ を当てたわけなので
80からが本番になる可能性がある。(タンクやるとは決まったわけじゃないし運命に抗うつもりなんであくまでも可能性です)
80までのスキル回しがマトモにできないのにレイドに出すとかはありえなさすぎへん?
というか、きちんとやってみて無理か無理じゃないかを決めたいので、きちんとやらへんとあかんちゃう?

じゃあきちんとやるってこの場合どーいうことだ?
・・・零式に出せるか出せないかのレベルまでに引き上げる事、だよね。

え?私がタンクでレイドやるなんてありえないし無理だと思うし興味ないんだけど?
それでもそれを見極めるためには、きちんとやらなきゃいけない。しっかりやってダメかダメじゃないかを決める。
そうじゃないとあみだの呪縛を逃れる事はできないんじゃないかな・・・・
とここまで考えて、不慣れとかのレベルではなく毛嫌いしてるタンクジョブを全力でやる為には覚悟が必要だなと思いました。
その覚悟に見合うだけの練習をする為には、優秀な先生がいないとたぶん詰む(泣

ひ、ひとりでタンク職でCFなんて回せるわけねぇだろこえーよ何が起きるかわかんねーよ

という私の心の叫びというか本音が爆発し(笑) 誰かつきっきりで教えてくれる人いないかなぁ
できればタンクメインで零式もクリアしていて、まだ自分4ジョブどれをやるかわからないからタンクロール全部カンストしてる人がいいなー
あとチャットのやり取りだととっさの時反応が無理になるよな。このゲームの悪い所でもある戦闘中に会話できないのが
ここにきてネックになるとは・・・VC?敷居高すぎでは・・・

こんな私のワガママな思いを唯一満たしているのがほかならぬきんちゃんで、
こんな突拍子もない事を思いついたんだけど絶対に迷惑だろうし言うのも躊躇われるし・・・
と数日悩んだのですが、思い切って相談してみました。
「私タンク上げるためにCF毎日回りたいんだけど好きなロールで一緒について来てくれない?」と言った覚えがあります勢いよく。
いいよってあっさり返ってきて「!?」ってなりましたね。その後ゆっくりあみだ事変を含む私の思惑を伝えました。
これが9月14日の事かな。そして翌日の15日から私がガンブレイカーを、きんちゃんが黒魔道士を出して
2人でCFを回る日が始まったのでした。
ガンブレイカーを上げ切った後は暗黒を上げることにしたのですがこれがレベル31からだったので本当に大変だった!w
でも50まではあっという間に(2日くらいかなぁ)上がったので、それ以降はCFも申請できて問題なかったですね。

ちなみに戦士でもナイトでもなく、暗黒を上げる事に決めた理由はきんちゃんのメインが暗黒だったからです。

レイドを暗黒で行っている人から直接教えてもらう機会は、今後いつくるかわからないと思ったからです。
多分こんな無茶振りを笑って受け入れてくれる稀有な存在そんなにいないと思うんですけど
そしてその私の予想は大きく当たってというか、私が想像する以上の内容をきんちゃんから教えてもらう事になります。
(教え方もうまくって、私が適切にやれていないところをやんわりと指摘してくれるのでパニック中でも理解しやすかったですw
そして細かいテクニックも併せて指示してくれるので非常に勉強になりました。)

・・・まぁ、教えてもらってもやれるかどーかは別の話ですけどォ(゚∀゚)

全く自信がないし興味もないジョブだった(ロールだった)タンクを、約1か月の間に2ジョブもカンストするという
7年遊んでて初めての事を成し遂げる事ができたのは間違いなくきんちゃんのおかげです。
1人では絶対にやれなかったから。やる気も起きなかっただろうし・・・w
最初はコンボって凄い!初めて見るこんなの!みたいな騒ぎ方をしていた私も
暗黒70くらいに上がった頃から誘導先を明確に意識するようになって、近接アタッカーを経験した事がないので
近接アタッカー視点で誘導が上手なタンクってなんだろう?とうっすら思うようになりました。
(だからといって近接アタッカーをやるとは言ってない)

長い事遊んでいるせいでいつも それなり で過ごしていたのですが
こんな状態でも興味が湧いてくる事ってあるんだなーってしみじみ思います。

ffxiv_20201009_003922_509.jpg

というわけで、私のタンクのレベル上げはここで一旦オシマイ。
タンクで何かする時はガンブレイカーか暗黒騎士で行こうと思います('ω')b
スキル回しが全くできていないのでまずは木人さんできちんとやれるようになってから
コンテンツには行きたいなーって思います。いつになるやら・・・w 暗黒のミラプリも考えないと・・・!

暗黒が80になったあとアラルレに行ったのですが(きんちゃんがそれで忍者が80になるとの事だったので)
秒速で「ヒーラーで行くわ」と着替えた私でしたw
タンクを上げて思ったのはやっぱりヒーラーが好きだなぁって事でしたねww

『私は(思うように上手く動けない私の)タンクが嫌いだ!』って心から思ったのでした。
今度はこれを克服するべく練習する日々が・・・くるのかこないのか・・・?
スポンサーサイト