初心者はどこで『初心者』ではなくなるのか?①(LOL)

LOL202010241.jpg

たまにブログの端に書いていたのですが、今時間をみつけてコツコツ遊んでいるゲームがあります。
リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)といって、ジャンルとしてはMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナの略)というものらしい。

「あー見たことあるこの略字!携帯の!ドコモのあれだよねっ」

って申し訳ないですけど私は思いましたね・・・学生時代に携帯黎明期を過ごした人間ならおそらくわかってもらえると思う。ちなみにそれはmovaなので綴り違うんですけどね。

きちんと書くと「複数のプレイヤーが2つのチームに分かれ、各プレイヤーはRTSゲームの要領でキャラクターを操作し、味方と協力しながら敵チームの本拠地を破壊して勝利を目指すスタイルのゲームのこと。」(wikiより)
みたいです。RTSというのはリアルタイムストラテジーといい、
「プレイヤーが神や指揮官などの第三者的視点で兵士などのキャラクターに指示を与え、敵を倒させる展開となるのが特徴である。
ゲームがアクション性を持つため、プレイヤーの判断力や操作力もゲームの勝敗に影響してくる。」(wikiより)
という事でじゃあこのリーグ・オブ・レジェンドというゲームはいったい何なのよ?といいますと

リーグ・オブ・レジェンドは、チームで戦うストラテジーゲーム。5体の強力な“チャンピオン”で構成された2つのチームが、互いに相手の本拠地を目指して激突します。
(公式より)

というゲームなのです。
私がこのゲームの存在を知ったのは、14で親しくさせてもらっているフレンドさんからのオススメのゲームがこれだったのと
時を同じくして固定のメンバーさんが遊んでいたゲームがこれだったからです。
別方向から「やってみない?」とほぼ同時期に言われたゲームだったので“そんなに面白いのかな?”と思うではないですか?そしてめちゃくちゃ軽い気持ちで始めたんですけども

LOL202010242.jpg

後悔しかしてないですね!ww

そもそもオンゲはMMORPGしかやったことがない私が手を出していいゲームじゃなかったと
いまさらながらに思うんですよね。
そう思うに至った最大の理由が

LOL202010243.jpg

届かねぇんだよ指が(怒)

上のスクリーンショットは自分が扱うチャンピオン(キャラクター)のスキル(攻撃とか補助とか固有の技)やHPなどを表していて
画面の下に常にわかるように表示されています。
操作はキーボードとマウス、特にマウスは常に右クリックし続けなければならないという拷問が待ち受けているのですが
左手でキーボード操作するのがスキル、右手のマウスで操作するのが移動。こんな感じです。
そしてそれは常時当たり前のように意識して動かさねばならないので、このゲームを少しずつ理解してきている今では
私の指あと4本くらいほしいなーってナチュラルに考えてしまうのが辛いところです。

上で怒っていた理由は、スキルの発動を簡略化するために同時押しする事があるのですが
よりによってCtrlとQWERキーなんやで。

ZATU.jpg
※雑なキーボード配置図。

遠いよ。私の左手では関節が歪まないとスムーズにCtrlとQWERなんて押せない。
角度つけてもダメでしたね・・・別に手が小さいとかキーボードが特殊とかないんですけどね。
最悪全部画面上でマウス操作でやれるのでいちいち動かせば問題はないんですけど
基本的にマウスでチャンピオンを移動をさせている都合上できるだけスキルの発動はキーボード操作だけで済ませたいし
そういうのに慣れておきたいという自分の希望もあります。
ちなみに指が届かないから同時押しできないとキレ散らかしていたら、そんなことある?と懐疑的な視線を向けつつだったらちゃんと届いてるところを見せろと迫った私に
ちゃんと同時押ししてる写真をディスコードに載せてくれたさらさんの指がやたら美しい指で
「指きれいですね」って思わず言ってしまいそうになったけどさすがにそういう問題じゃない!と感じたので言葉に出すのはやめましたw

・・・とまぁギャーギャー言うとりますけど、設定変えれば済む話なんでちゃんと私の指が届く場所でやれるように変えます。

IMG_20201024_223635_2.jpg

現在ランク?レベルだったっけ。みたいなやつは10なんですけど、何も考えてないままAI戦に行き練習はしつつも
ふわっとしたまま9になったとき、ふわっとしたままではいけない。と思わせてくれる事件が起きます。
スポンサーサイト