他人の家の木人を殴りながらカウントの練習をした話(FF14)

ffxiv_20201119_234718_342.jpg

めっちゃ関係ない話からなんですけど、ずっと前にあまりにも好みの女性がいたので思わず撮ってしまったスクショ('ω')b
ミドランさんですけど眉から口まで全部好みすぎてじっと見ちゃったよー
Exceも若干この方に似てはいますが、眉の形と目の色が違いますね。この人のようなシャープさが欲しかった・・・
えらい美人さんでドキドキしていましたが遭遇できて幸せでした!
(奇譚装備も非常に似合っていて、一見ロシアの女性みたいにみえちゃったな)

ではタイトルの話。

タンクを上げる理由になったあみだ事変の話は幾度となくしていましたが
こちらの記事にふわっと書いています(私はタンクが嫌いだ③)(←クリックすると飛ぶよ)
固定でジョブの話が沸き起こるたびにタンクをやりたくない理由をずっとずっと探していたんです。

やりたくないって思っているのに。
でもちょっと、触ってみたい。触ってみたら意外と面白い部分もある事を知りだして。
もう少し知る事が出来たら、うまくできるようになれるかもしれない・・・?

ffxiv_20201129_171121_396.jpg

「一回もカウント出したことない(真顔)」
カウント0でサンダーバレット(遠隔攻撃)着弾ができない事でパニくってる私に
「MTをやるならばできるようにならないといけない」とやんわりとした口調でおっしゃるので
やり方を教えてください!と泣きついた。アレクさんに。
たまたまハウジングエリアにいて目の前に木人があったんでそれで殴ってと頼んだ時、
“えっ?”て戸惑いが伝わってきました。
よその家の庭のものを勝手に使うのは・・・という配慮からだというのはすぐにわかりましたが、
この人育ちがいいなって的外れな事を思った。
(時間もさほどなかったのでそのまま他人のハウジング木人でやりましたwww)

実践、解説。
丁寧な説明のおかげで、カウント0秒着弾でサンダーバレットを入れる事ができるようになったけど
走りながら(動きながら)敵に感知されない位置での釣りが死ぬほど難しいと知りましたw
これだけはすぐに理解ができずに苦戦していますが
「慣れたら簡単だから、数をこなす事。」コツも含めてそう教えてもらいとても有意義な時間でした。

ffxiv_20201129_013904_795.jpg

カウント0秒着弾の事を教えてもらっている時は決めていなかったんですが、

その日の晩(昨日です)に水薬を作っていると、ふいに飛んできたパーティ。
無作法すぎるって正直思うんですけど(笑) でもこの人たちらしいなぁって思って。
その雰囲気が嫌いではないのでお世話になっているんですけど、PTリスト眺めてガンブレイカーに着替えたら
幻シヴァ行こうぜって言われて。
「タンクのギミックわかんないし」って拒否る私にじゃあ制限解除極でギミックみようぜとの提案。
突入して解説が入り、私の疑問点もきちんと答えてくれるメンバーを眺めていたら
ストンと気持ちが落ちたというか。もうなんかそれでいいじゃんって感じたんですね。

わからないことを教えてくれる人たちが近くにいる。
わからなくても、知らなくてもいいやん。

私が努力を怠らなければきっと大丈夫。

「再生編、私ガンブレイカーで行くね!」
スポンサーサイト