旅立ったし見送った(FF14)

ffxiv_20210104_205906_065.jpg

れなさんのFCでまゆさんと3人でいたときのもの。
あまりに可愛いまゆさんにメロメロメローという事でハートのエモ飛ばしてました(/ω\)

当分更新しない予定だったのですが(その時間があれば他にやりたい事が~という感じだったのでw)
四苦八苦というタイトルのままTOP記事を残しておくのはさすがに苦笑するしかないなと思ったので
七草粥を作る前に更新です! 以下文字だらけです。

何かほかにいいスクショはないかと探したのですが、募集文を撮ってあるだけのスクショがフォルダ内にあるのみで
本当に何もなくって草。今日七草粥を作ろうとしているだけあって草。
私、季節ものの料理の中で1番好きなのが七草粥なんです。
おせちとかそういうのよりも、七草粥が大好き! エオルゼアに七草粥の調度品があるのなら
お部屋中いっぱい置くくらいには好きです! たぶんないと思うけど・・・

3日に更新して以降何してたのと言われるとだいたい4層前半練習へ。途中ExceとLucilleで1-3層の消化を挟みながら
4層前半練習パーティを彷徨い歩いていました。
彷徨い歩くってなんかカッコイイ言い回しですけどただ単に1日1、2時間くらい募集に乗っかってやってただけです。
進捗は前半8分過ぎにくるマレフィキウム1回目を床から眺める所まで・・・時間切れ一歩手前って所ですね。
・・・まで進んだけど、まだまだまだまだ練習しないとヒールの手も攻撃の手も何一つ満足にできていません。

今回の再生編、ヒーラーが不足してる感はあるのですがいないのはバリアヒーラーです。
(相変わらずタンクさんも慢性的に不足していますがMT枠が空いているのをよく見かけますね。)
あくまでもエレメンタルDCで特定の時間で眺めているだけの話なので本当はどうなのかわからないけども(体感ってやつです)
そういう事もあって入りやすいバリア枠・ノクタ占星で練習パーティに通い続けています。
おかげで右の手の甲が痛いんですけどね・・・w 白よりもポチポチガチャガチャが多いので
腱鞘炎ほどではないのですが、戦闘が終わって解散になるとじんじんと痛みます。
この感覚は学者で共鳴編をクリアしに通っていた時と同じ感じ。

「もう若くないんだなぁ」

と思わず実感しました・・・いや若いとかそういう事じゃなくて、変なところに力が入っているんでしょうねw
コントローラーをぐっと握りしめる手に力が入りすぎているんでしょうか。
でもそれを理由に歩みを止めるわけにはいかないので、いたわりつつも練習には通い続けようと思っています。

Exceの固定がない時しかLucilleでは練習ができないので、ついお休みの日は4層を沢山練習したい欲でいっぱいになる。
今週は固定が土曜からなので今日明日は絶好の機会。
本当は土日の日中も費やしたいところなのですが、突発的な予定が入る事もあるのでなかなかいけない。
だからこそって感じなのですがw 先を見たいって気分ももちろんあるけど、安定させたいって方が強いかも。
スキル回しを安定させたいなーって感じ。 
ノクタ・占で通っていますが、開幕の回しからまだ考える余地がありすぎて今でもずっと試行錯誤しています。
DPSチェックが厳しいのはよく知っているので、1回でも多くの攻撃をする為に余分な詠唱ヒールをしないで
できるだけアビヒールで賄えるようにと思うのですがなかなかうまくいかないですね。
キレイに回るんだろうなと思うんだけど、これだ!ってのがまだ見いだせないでいる感じ。
・・・という事は練習をきちんとこなして見つけなきゃいけないってわけなので頑張れ自分~~

今回現時点で10回募集に入っているのですが、その中でとても印象的なパーティだったのが
最初からの練習パーティにも関わらずライオンまで安定して見る事ができたパーティ。
進捗が凄く進んだから印象的だったわけではなくて、そこは半固定さんだったのですが
ちゃんと野良のメンバーとも意思疎通をきちんとしてくれて会話が多め&打ち合わせもきちんとできる。
そんなパーティだったので雰囲気がとてもよかったのです。
ミスを申告する、申告するだけではなく次はこうしてみると自ら言葉に出せる。これってすごく重要だなと思うのです。
もう何年も野良で零式やっていますけど、こういうパーティは非常に空気もよくやっていて楽しい。
ミスしている人に気にしないでと心から言ってあげる事ができます。

今回の4層、やってみて思ったのが巨人~ライオン~となっても事故の多いDDで何回も死ぬ事だってあります。
1回遭遇したパーティでは、募集の内容よりも進みが鈍かったのもあってかラスト回の前にわざわざ
「これって〇〇練習パーティですよね?確認なんですけど」と言う人がいて驚きました。
何も申告してないし何かあってもほぼ誰も何も言わない、謝罪程度しかしないから(特定の人のみ)
ミスがどんな理由で起きてるかも検証する事すらない。
ミスしても指摘されない限りミスの原因を作った人はだんまりのまま。そんな中放たれた上のセリフで
この雰囲気の中どうやって先を見る事ができると思ったのだろうか・・・
野良だから確実にその募集で思う通りの練習ができるとは限らない。それは固定でも同じだと思いますけど
野良だからこそその部分が難しい。だったらどうすればいいかなんて、自ずとわかると思うのですが。
進んで空気を悪くすることはないだろうにと感じたし、全くノーミスでやり続けている人でもなかったのに言っていたので(笑)
私にはとても真似できないなと感じました。

ちょっと思った事をつらつら書いていたら結構長かった(/ω\)

そうそう、ようやくタイトルの話。
やおきんがお友達のいるサーバーに旅立つ事になり「次の新式くる頃には戻る」という謎のセリフを残し去って行ったのですが
その新式は何の新式なの!?と思ってしまった私w
そして相変わらず11の時と変わらない姿を見てなんだかニコニコしてしまいましたw トートツで最初びっくりしたけどw
お友達を尋ねに鯖移動なんて、日常茶飯事朝飯前。
私も尋ねられたし、そして私も尋ねた事があるからよくわかる。(やおきん⇔私間の話ですw)
何よりメインキャラで行くところが らしさ全開だな という。
不思議と寂しいとか悲しいとか、早く戻って来いとかそういうのは0です。
面白い・楽しいと思う事を積極的にやりに行く姿を見ている方が圧倒的に好きなんですね。
毎度トートツで驚きはするんですけども・・・でも、やっぱ昔から変わらないなぁって思ってそっちの方が嬉しかった。
訪れたやおきんを見て、フレンドさんは絶対に驚くと思います。こういう時100%相手には何も言わないで向こうに行くタイプだからです。
だから今はそれを想像してちょっとニコニコしてしまいます。
数日前の話なのでもう会えただろうけど・・・!
今はたくさんフレンドさんと遊んできてほしい。そして願わくば

まだその人クリタワ解放してないから一緒に行ってあげて!ww

と思う私なのでした・・・一緒に行く約束してたんだけどね。タイミング合わなかったからもしそっちてタイミング合えば・・・!w
スポンサーサイト