不穏じゃない空気感で(FF14)

ffxiv_20210115_150158_419.jpg

この私がレイド用の食事と薬を作れるようになり、早1か月と半(くらい)。
時間があればうっかりハウスでしゃこしゃこ作っています。
1回戦闘に行く度に数十個は使うので(使う時があるので)、常にストック200個目指して作ってますね。
食事は50個くらい。たまたまカバンに作り置きしタンク用に食べようとしていたピッツアを今は占星で食べてます。
白の時はリンゴポポトサラダっぽい名前のを食べてましたけど、今ほとんど占星でしか行かないから食べなくなっちゃった。
で、募集の待ち時間におもむろにハウス内を気に入った場所以外更地にしてみたりして気分転換してる。

そんな日々ですがれなさんが相手してくれたり、薬の素材沢山くれたりでめちゃくちゃ助かってる&癒されて
ガシガシ4層へ通っているのです。

「私4層クリアしたらハウジングやるんだー」

って言葉、何回言ってきただろう!w
今回も性懲りもなく言い放った私ですがそんな私も今日後半の最終フェーズである時間圧縮・終を見る事ができました。
4層に関しては全部どんなパーティに入ったか書き残していますが、3日に1回くらいの割合で後半には行けるので
その貴重な後半練習ができた回でぐんと先に進むことができて嬉しかったです。
前半を1トライで行けたのでみんなの集中力が凄いなと感じたのですが、予習もきちんとしていて
目的の箇所の練習からその先も!って感じのパーティでした。終始空気もよかったです。

ffxiv_20210122_163039_314.jpg

少し前までは、実は躊躇っていたんです。
何を?と言われると、タンク2名とヒーラーが確定していないパーティに入るのを少し躊躇っていたんです。
理由はもう何日もずっとずっと、ほとんどノクタで練習していたのでダイアでやれるかなって不安だったから。
後半をダイアでやった事がなかったから。
だけど躊躇ってる間にどんどんどんどん募集のパーティがなくなっちゃって。
1回それでグズグズしてどこにも入れずゴールデンタイム終わっちゃった日があったんで、さすがにマズいなと思ったのです。
そこからダイアで入れそうなパーティに行ってピュアヒラの位置を刷り込んで(MTと同じ北なんですよねー)
「大丈夫ほらできてるじゃん(相変わらず殴れてねぇけどな!ハハッ)」と自信を付けて。
せめてギミックはミスしたくないのです・・・せめてギミックは・・・
それでよさそうなパーティあればダイアでもノクタでもこだわらないで行こう。むしろそのための占星でしょって
改めて思うに至りました。もともと私は白魔道士なんだから、何を恐れることがある。
で、いいなって思ったパーティには積極的に入るようにしたら学ちゃんと組む機会も増えてダイアを思い出せるようになり
思い出すっておかしな話ですけど、ダイアもやっぱ面白いね!って感覚を取り戻しました。
ダイアとノクタでは特性&開幕の回しが少し違うので要注意ですが、ヒーラーは回しミスっても攻撃を犠牲にすればなかった事にできるのでゲフゲフ
とりあえずログインしたら うわー私今4層してるー! って感じで忙しく過ごしていますw

上の募集のパーティは、積極的に日本語で交流を図ってくれるMT戦士さんの募集に颯爽と一番乗りした私、
そして割と早めに他のメンバーもそろってサクッと前半を超えほぼフルタイムでみっちり練習できた。
途中で機工さんもE言語の方だと気づいて面白い翻訳でお話して下さり
場の空気が和む感じの結構稀な練習パーティになりました。
本当に一生懸命意思疎通を母国語でもない言葉でとろうと努めてくださってた姿を見ていたら
なんかとんべり(笑)とかたまにネタで言っちゃうときありますけど、もう言うのやめようって思いましたね・・・
私もE言語のJP〇募集パーティに今後はいる機会があれば、というか絶対にあると思うんで
その時はtabやたどたどしくても翻訳使って意思疎通をはかる努力をしていきたいなって思いました。
どっちかというとしてはいるんですけどねw JP〇募集には積極的に入りますし('ω')b
でも改めて今日思いました。何かの縁で一緒になれたんだからやっぱり最後は清々しく【ありがとう】って言い合えるように
そのための努力はしていきたいなって思いました。
11の時からその気持ちはさほど失っていないんですけどね。たまに忘れるのよね。思い出せてよかったよ。
スポンサーサイト