ゲームの話とは言ったけど(Road 96)

20210818143628_1.jpg

前々回の記事の最後に、やたら「私は元気です。そーいえばFF11ダウンロードしてないな!」的な事を
うっすらぼんやりアッピルしていたので“こいつ戻るのか”と思われた方も微妙にいるのかもしれませんが

sgfshfgghjpppppopo.jpg

早く書きたいwwwww みてみてこのスコーモスの思い出www 
これログに流れた瞬間夜遅い時間なのにギャーッ!って声あげたよ思わず。(そして家族に叱られる)
いや本当にこれ、どんだけ待ち望んでいたのか(涙)

でも今日はRoad96の話を書きますw
なんやねんそれって方も、知ってるよって方も、暇だから見てやるわ的な方もWelcomeです。
が、操作や内容に関してのネタバレ多めでこの記事は書きます。
しかしシナリオがなかなか面白いので、これはネタバレなしでぜひやってもらいたい。
なのでちょっとググってみて“面白そうね”と感じて、やってもいいなって少しで思われるのであれば
これから下の内容は読まないで欲しい。個人的に面白かったと思う部分etc書き綴っていこうと思います('ω')b
(一応キャラクターやシナリオに関しては伏せていますが、万が一があるのでお知らせしておきます)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

20210824182915_1.jpg

どこまでが終わりなのかわからなかったのですが、この後エンドロールが流れたのであ、これで終わりなんだな!と理解出来ましたw
ちなみに革命を起こすも失敗して結局余計に弾圧されるというバッドエンドに終わりました。(だと思うw)
最初だったので本当にナニガナンダカ~という気持ちでいて、ミニゲームはミスしまくるし散々でしたけど(笑)
WASD移動が苦手だったのでちゃんと途中で(序盤の方で)ゲームパッドに操作を切り替えたら上手くできるようになった。
それ以降はほぼストレスなくできました!

20210824183113_1.jpg

初めてのエンドロール後の最終成績です。
3人しか物語回収できてないのがよろしくないですね・・・w
よく死んだしよく逮捕されたし、ちゃんと国境越えた事もあったし本当に色々な経験ができて楽しかったです。

ここまで書いておきながら全然ゲームの内容に触れていないので軽くお話しすると
圧政に苦しむペトリア(某国を模している架空の国)から脱北をしようとする話です。
割と何も解説されないまま、なんかちょっと荒廃したアメリカンな空気に放り込まれて自分が家出している若者で、
家族から捜索願が出されている事を至る所で言われるので知ります。
だからポリスメンは基本的にNOですねw 出会う人みんなオカシイ奴と思ってほぼ間違いない感じに最初は進みます。

とりあえずエンディングを1回見た私から、印象的だったことを2つ書きたいと思います。


①唐突に始まるミニゲーム

20210818112155_1.jpg
20210818111146_1.jpg
20210818093359_1.jpg
20210818103956_1.jpg

ありとあらゆるミニゲームがストーリーのしょっぱなから降り注いできますw
最初WASD移動・・・キーボード設定だった為、このミニゲームが上手にできなくってもう涙目でした;
開始1分かかったか、かからなかったくらいから急に突然始まったから“もしかしてこのノリでずっと続くの?このゲーム・・・”
と思っちゃって正直ついていけるか不安でしたが、何度もやっていくにつれその辺りは慣れてきます。
大昔やった事あるなーっていうレトロなミニゲームがあったり、パズルゲームみたいなのもあったし
何このゲーム?って思うような本気でわけわからんのもあったり(笑) 
でもとても新鮮で面白かったです。ミニゲームや選択肢次第でおそらくルートが変わるヤツもあると思うのですが
選択肢の横にきちんと“この選択で結末が変わるよ”というマークがついているから親切です。

②音楽が良い

20210818175209_1.jpg
20210818110855_1.jpg
20210818110640_1.jpg

私はキャラクターのシナリオは全部回収できなかったんですけど、このカセットテープは全回収できてよかったですww
とりあえず脱北したいから国境に向かう感じでシナリオは進むのですが、移動が徒歩・ヒッチハイク・タクシー呼ぶ・バス乗る・車運転するになるので
ヒッチハイクや乗り物に乗っていたり、お店だったり路上生活者からだったり色々なところでカセットテープを手に入れる事が出来ます。
音楽と世界観がものすごく合っているので、臨場感もあってよかった。
身に危機が迫っている時のBGMは申し訳ないが怖くて(笑) 夜半分ビクビクしながらプレイしてました。

主人公であるプレイヤーは脱北を目指す若者、というだけでこのペトリアにはそういう子はうじゃうじゃいるので
例えば私は最初の1回目、わずか開始5分程度でタクシーの運転手に殺されて終了したのですがそこまでの記録がセーブされ
次はまた別の若者として国境を目指します。それを繰り返していく感じ。

20210818142800_1.jpg
20210822221244_1.jpg

重要なアイテムを手に入れると脱北の成功率も上がります。
国境を目指し、ペトリアではない世界で生きていく事を誓っている若者として操作はしますが
多分色々なエンドがあるんだなーとやってる最中からわかってきます。
グラフィックは普通・・・?アメリカっぽいです!w何の説明にもなってなくてごめんなさい!w
空の景色とか風景は破綻もなかったし悪くなかったです。

最近オフゲほとんどやってなかったんですけど、ゲームって個人的にはグラフィックよりも
ストーリーだなーと思うのでそういう人は充分楽しめると思います。
2巡目3巡目は知識がある分初回よりは上手く遊べる気がするので、また時間を見てプレイしようと思ってます。

(次回予告)
11の内容を書こうかなと思っていますが、ちょっとゲームとは関係ない内容に時間を割いている事が多いので
更新が今よりもっと滞るかもしれません。(気持ちは週1目指していますw)
スポンサーサイト